小宮 敬子

小宮 敬子

小宮 敬子

職名
教授学部長
領域
精神保健看護学
専門分野
精神保健看護学
連絡先
TEL:03-3409-0875(日本赤十字看護大学)
E-mail
k.komiya@redcross.ac.jp

プロフィール

学歴
東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科博士後期課程修了
学位
博士(看護学)
主要職歴
東京都足立区足立保健所江北保健相談所
東京都精神医学総合研究所医療看護研究部門
担当授業科目
【学部】
看護技術論Ⅰ、看護援助論Ⅶ、精神保健看護学 I・II、健康レベル別演習II、研究方法論Ⅱ、研究Ⅰ・Ⅱ、
応用看護学特論II、障害者論、精神保健看護学実習
【大学院】
精神保健看護学特論、精神保健看護学特別研究1~3
研究テーマ
セルプヘルプ・グループ、精神看護学における実習指導、看護師の否定的感情体験、アディクション
研究内容キーワード
エンパワメント、プロセスレコード、看護学実習、感情労働、否定的感情
主要所属学会
日本精神保健看護学会
日本集団精神療法学会
日本赤十字看護学会
日本社会学会
日本嗜癖行動学会

主要著書・論文

著 書

系統看護学講座 精神看護学 [1]精神看護の基礎、 [2]精神看護の展開 , 共著 , 医学書院 , (2009)
アディクション看護 , 共著 , 医学書院 , (2008)
援助技法としてのプロセスレコード , 共著 , 精神看護出版 , (2003)
ソーシャルワーカーのための社会学 , 共著 , 有斐閣 , (2002)
フィールドワークの経験 , 共著 , せりか書房 , (2000)

論 文

小宮敬子(2014),ケアと共感疲労-東日本大震災での救援体験をめぐる2人の看護師の語りから-,看護研究47(7),658-669
小宮敬子(2013),看護におけるグループワークとリーダーシップ,臨床看護39(9),1199-1204
小宮敬子(2010),HIV感染当事者に聞く-感染の社会的背景と当事者ネットワーク,(共著),精神看護13(6),61-68
小宮敬子(2008),ケアと共感疲労,アディクションと家族25(3),198-204
小宮敬子(2008),卒業生による精神看護学の授業評価-日本赤十字看護大学の場合,(共著),日本赤十字看護大学紀要22,16-27