キャンパスライフ

学部2年生

※学年は取材当時のものです。

日本赤十字看護大学は、自分らしく自分の夢を実現できる場所です。

私は、国際的に活躍できる看護職を目指して北海道から上京してきました。昨年、タイの赤十字病院を訪問した際に日本の病院との違いに衝撃を受けたことをきっかけに、将来は海外での母子保健活動に携わるため、日本赤十字看護大学で日々勉強に励んでいます。日赤看護大では、看護の専門科目だけでなく、語学や国際看護学の授業が充実しており、グローバルな視点から看護を学ぶことができます。また、1・2年次の語学留学制度や、3年次の赤十字国際活動論での海外演習、同じくスイスとスウェーデン赤十字大学との交換留学制度も、海外での保健医療活動を通じて看護実践の現状を知る貴重な経験になると思います。赤十字の精神に則った国際性豊かな制度や授業は、日本赤十字看護大学でしか受けられないと思います。


日本赤十字看護大学の魅力は、国際分野だけにとどまりません。日赤看護大ならではの授業といえる1年次の災害看護学の授業では、災害現場における実践的な看護を学び、さらに赤十字救急員の資格を取得しました。また、サークル活動も多種多様で、救護活動の知識や技術を学ぶものから、途上国を訪問して保健活動をするものまで多岐に渡ります。学生同士だけでなく、先生との距離が近いことも大きな魅力です。尊敬できる素晴らしい先生がたくさんいらっしゃいます。


日本赤十字看護大学は、自分らしく自分の夢を実現できる場所です。この文章を読んでくださっている皆さんも、ぜひ日本赤十字看護大学に進学され、多くの学びを得られることを願っています。