キャンパスライフ

相談窓口

学生生活を送るなかでは,身体の不調を覚えたり,突発的にケガをしたり,あるいは対人関係に悩んだり,学業を続けるうえで支障が生じたりするなどのことが生じ,自分一人ではなかなか解決できないことがあります。そうしたことに対応したり相談するために,相談窓口として保健センターを設置するとともに,クラス担当教員・ハラスメント相談員の制度があります。

保健センター

心身ともに健康で充実した学生生活を送るために,相談窓口が設置されています。

保健室

健康相談やケガの応急処置、予防接種の相談などに応じています。
定期健康診断を毎年春期に行い、健康上の問題の発見とその対応を指導します。

学生相談室

専門の資格を持つ心理カウンセラーが、対人関係・恋愛・性格などについて、カウンセリングや相談に応じます。

24時間電話相談「こころとからだの相談窓口」・Web相談

24時間電話相談「こころとからだの相談窓口」は、大学が専門機関に委託して提供するサポートシステムで、本学の学生と保護者が365日24時間いつでも利用できる本学関係者専用の無料相談窓口です。
身体の不調や健康保持、増進に関する相談、医療機関や専門外来の紹介の他、ストレスや不安などの悩みについて、電話やWebで相談をすると、保健師、助産師、看護師、心理カウンセラーが相談に応じます。そのほか、面談によるカウンセリングも受けられます。


詳しいお知らせは学生相談のページをご覧ください。

学生相談のページヘ

ページの閲覧には在学生ログイン用のユーザー名とパスワードが必要です。

クラス担当教員

学部の各学年に9名のクラス担当教員が、担当する学生の学生生活全般(学業・生活)についての相談に応じます。

人権倫理相談員

教職員と学生、上級生と下級生、男性と女性といった関係のなかで、地位や立場を利用して人格と尊厳を侵害された、不快に感じた場合、人権・倫理相談員に苦情・相談への対応を求めることができます。

障がい学生支援について

本学では、すべての学生が、障がいの有無によって差別されることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら、ともに学び合う大学を目指し、障がい学生支援を行うこととしています。
修学に関する事項(授業、試験、課外活動、キャリア形成、大学行事への参加など)を中心に、障がいにより修学に支障がある学生に対し本学は支援致します。
相談の仕方は、障がい学生支援委員に直接相談することができます。この他に、保健室保健師、学生相談室カウンセラー、クラス担当教員等に相談することもできます。個別のニーズに基づいて、支援範囲を考えていきます。

その他

本学には看護師や保健師、助産師、医師等の免許を持つ教員がいますので、どのようなことでも気軽に相談することができます。