入試

大学院(修士)

アドミッション・ポリシー

教育方針・受入方針アドミッション・ポリシーをご覧ください。

修士課程 看護学専攻

一般

看護学専門領域において、実践者および教育・研究者をめざす者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。なお、学習に必要となる英語の能力については、日本英語検定、TOEIC、TOEFL、国際連合公用語英語検定試験等のいずれかの公式スコアによって審査します。


社会人

看護学専門領域において、実践者および教育・研究者をめざす看護職として3年以上実務経験のある者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。


看護教育学・看護管理学 実践コース

看護職として5年以上の実務経験のある看護教員および看護管理者、現任教育担当者で、幹部教員や認定看護管理者をめざす者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。


特別選考[日本赤十字社・実習施設職員対象]


日本赤十字社(各赤十字施設・日本赤十字学園を含む)の職員及び平成27年度本学・本大学院実習施設職員で、看護学専門領域において、実践者および教育・研究者をめざす者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

修士課程 国際保健助産学専攻

研究コース(一般)

国内外の助産学・母性看護学あるいは母子保健学の領域において、実践者および教育・研究者をめざす、看護師免許取得もしくは取得見込みの者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。なお、学習に必要となる英語の能力については、日本英語検定、TOEIC、TOEFL、国際連合公用語英語検定試験等のいずれかの公式スコアによって審査します。


研究コース(社会人)

国内外の助産学・母性看護学あるいは母子保健学の領域において、実践者および教育・研究者をめざす看護職として3年以上実務経験のある者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。


研究コース(特別選考[日本赤十字社・実習施設職員対象])

日本赤十字社(各赤十字施設・日本赤十字学園を含む)の職員及び平成27年度本学・本大学院実習施設職員で、国内外の助産学・母性看護学あるいは母子保健学の領域において、実践者および教育・研究者をめざす、看護師免許取得もしくは取得見込みの者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。


実践コース(一般)

助産師資格取得に意欲のある看護師免許取得もしくは取得見込みの者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。


実践コース(社会人)

助産師資格取得に意欲のある看護職として3年以上実務経験のある者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。


実践コース(特別選考[日本赤十字社・実習施設職員対象])

日本赤十字社(各赤十字施設・日本赤十字学園を含む)の職員及び平成27年度本学・本大学院実習施設職員で、助産師資格取得に意欲のある看護師免許取得もしくは取得見込みの者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

個別入学資格審査

本学大学院では、看護系短期大学・専修学校等を卒業し、看護師として5年以上の実務経験がある方を対象に、個別入学資格審査を実施しています。

審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた場合は、修士課程・5年一貫制博士課程に出願することが可能です。

詳細は、資料請求ページの要項でご確認ください。


※平成29年度実施の詳細は6月に公開予定です。現在は参考用に昨年度版を掲載しています。

大学院説明会

日本赤十字看護大学大学院では、受験をお考えの方や本学大学院に関心をお持ちの方に向け、説明会を開催しています。

大学院説明会