看護学部

留学・海外研修

赤十字精神に則った国際性豊かな大学として、さまざまな国際交流のステージを設けています。

スウェーデン赤十字大学

2008年度にスウェーデン赤十字大学と看護教育及び研究・開発に関する協定を結び、毎年本学3年生2名をスウェーデン赤十字大学に派遣しています。本研修は、スウェーデン赤十字病院、スウェーデン赤十字老人ホーム「桜の園」、カロリンスカ病院などでの実習を中心に、スウェーデンの医療・看護制度などを理解することを目的とした5週間のプログラムです。また、毎年秋にスウェーデンからも学生が2名派遣されてきます。

スウェーデン赤十字大学からの留学生

スウェーデン赤十字大学からの留学生
2017年度 実習先にて
(老年看護学)

スウェーデン赤十字大学交換留学を終えて

 

言語の壁や国を超えて、多くの人を救いたい。幼い頃からの夢がこの交換留学に応募したきっかけでした。現地ではさまざまな宗教や文化をもつ方が共に暮らしており、その人に合った看護を学ぶとても良い機会となりました。医療の現場では「everyone needs everyone」という言葉を胸に、普段からケアや治療についての意見交換をしており、役職、階級なくすべての人を尊重しながら働いている姿が印象的でした。患者さんに触れる時の笑顔や、真剣な眼差しからは自分の仕事に誇りをもっている様子を強く感じました。学生に対しても常に段階を踏んで説明してくださり、失敗を恐れず何にでも挑戦する勇気や、実際に看護ケアにかかわる上での緊張感や責任感を教えてくださりました。英語の看護世界、国も文化も異なる生活は簡単ではありませんでしたが、周囲のサポートを受けながら一つずつ達成することの重要性を学び、将来の自分の背中を押してくれるようなとても貴重な経験になりました。「行ってみたい」という気持ちを大切にぜひ挑戦してみてください。


 

この留学への参加は高校生の時からの夢でした。

 留学中はオンラインで授業を受けたり、実習に参加したりしました。特に印象に残っているのは実習です。スウェーデンでは看護師と患者さんの距離がとても近く、あたたかい看護が提供されていました。医療用語が英語で理解でき、日本での学びと繋がった時の喜びはとても大きかったです。また職種を超えたチーム医療が実践されていたことも印象に残りました。私が感じた日本との違いは、学生の時からさまざまな看護技術を実践できることです。スウェーデンで初めて実践した看護技術もありましたが、常に優しく一つ一つ丁寧に指導してくださったため、安心して取り組むことができました。

 友人と毎日大好きな看護について考えることのできた5週間は忘れられない経験となりました。これからの看護に活かしていきたいと思います。沢山のサポートをしてくださった先生方、皆様に心から感謝致します。

ラ・ソース大学(スイス)

 2014年度にラ・ソース大学と看護教育及び研究・開発に関する協定を結び、毎年3年生2名をラ・ソース大学に派遣し、毎年秋にラ・ソース大学の学生2名を受入れます。

  [派遣プログラム例]

  1週目 オリエンテーションと講義、ジュネーブにある国際機関の訪問

  2週目 多職種間連携コース等の講義

  3週目 学生の希望に応じた実習とワークショップ


ラ・ソース大学からの留学生

ラ・ソース大学からの留学生

2017年実習先にて

(母性看護学・小児看護学)

ラ・ソース大学交換留学を終えて

ラ・ソース大学での3週間の留学を通して、私にとって最も印象的だったことは現地の学生の自主的な姿勢とそれを促進させる周りの環境でした。授業では学生が講義を受けるというよりも、教員が学生に頻繁に質問し学生も積極的に自分の意見を発言していくなど、教員と学生の相互的な関係のなかで授業が成り立っているという印象を受けました。看護実習では、学生が受け持ちの患者さんへの採血や服薬・退院指導、医師の処方箋に基づいた投薬など学生が行える業務範囲の広さに驚きました。学生担当の指導者も学生に付きっきりなのではなく、学生の能力に問題がないと判断すれば一人で行わせており、学生が良い意味で自立できる環境が整っていると感じるとともに、学生の意識の高さに刺激を受けました。今回の留学で異なる文化や価値観を知ると同時に、日本の看護を客観的に見つめ直すことができたことは、これから始まる私の看護人生において大切な宝物になるはずです。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

 

私は高校生の時から将来は海外の医療機関で働くことが夢で、そのために大学生の間に看護留学に行きたいと思っていました。しかし語学留学はできても海外の看護大学に留学できる制度のある大学は日赤を含め数校しかなく、出身地である神戸から上京して日赤に入ることを決意しました。そのため今回スイスに交換留学が決まったときは本当に嬉しく思いました。
 ラ・ソース大学の授業は少人数のクラスが多く緊張感がありました。また医学生と一緒に臨床再現した授業をしたり、ディスカッションの授業が多くありました。日本の学生に比べてスイスの学生はより積極的であるように感じました。
 実習では小児救急に行きました。スイスの看護学生は採血もユニット内の物品管理も行えます。またドクターの指示がなくても自分自身の判断で薬を患者に渡せるなど、ナースの存在が確立されており他職種と患者からとてもリスペクトされていると感じました。私も将来はこのような環境で働きたいと思いました。

モナシュ大学語学研修(オーストラリア)

オーストラリア(メルボルン)のモナシュ大学付属英語研修センター(Monash University English Language Centre:MUELC)での英語研修プログラムです。モナシュ大学は世界ランキングでも常に上位50位以内に選ばれており、このモナシュ大学の傘下にあるMUELCは、オーストラリアで最大規模の語学学校です。


このプログラムは、夏季休暇期間(8月上旬から9月中旬)を利用した5週間の短期語学研修です。ホームステイを通して異文化を実体験しながら、短期集中的に英語環境に身を置くことで英語力の向上が期待されます。

【語学研修プログラム例】
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 共通クラス 共通クラス 選択クラス 選択クラス 共通クラス
午後 課題学習 課題学習 課題学習 課題学習 課題学習

午前もしくは午後のクラスのいずれかに入る。

MUELCでの語学研修を終えて

将来海外で働くことに興味があったため一度外国で英語を学びたいと思っていました。また、モナシュ大学での研修は対象が学部1 年生と編入3 年生だけなので、今しかできない経験だと思い参加しました。
 日赤のメンバーはそれぞれクラスがバラバラだったため他の留学生や先生としっかりとコミュニケーションがとれるかとても不安でした。しかし先生はわかるまで丁寧に、また英単語の細かなニュアンスの違いまで説明をしてくださり密度の濃い時間を過ごすことができました。この研修に参加した前後で1 番大きく変化したことは英語を話すことに対して抵抗がなくなったことです。クラスでは四技能すべてを学びましたが、プレゼンテーションの授業が多くスピーキングを重要視しているようでした。始めはなかなか言葉が出てきませんでしたが徐々に自然と話せるようになっていました。スピーキングは日本の授業ではまだ足りていないところも多いのでとても貴重な経験ができました。外国で1ヶ月もの間生活できたことは自信にもなりましたし、日本とは全く違う文化を知ることができたことや、他の国から来た留学生と放課後にグループワークをしたこの経験は宝物です。本当に行ってよかったと思います。

国際看護学演習(開講年により訪問国が異なります)

3年次の3月に、異文化を背景に展開される保健医療施設・看護実践について海外研修を通じて学びます。2017年度はベトナムを訪れ、ベトナム赤十字社本社、マングローブ植林視察等を行いました。

参考

「国際看護学演習の年度別訪問国」

実施年度 訪問国日 程   
2018年度実施せず
2017年度ベトナム 8泊9日
2016年度オーストラリア10泊11日
2015年度オーストラリア10泊11日
2014年度タイ 6泊7日

赤十字国際活動論演習(スイス)隔年開講

「赤十字国際活動論演習」では8月下旬に赤十字思想発祥の地であるイタリア・ソルフェリーノ等を見学後、赤十字発祥の地スイスを訪れ、赤十字国際委員会(ICRC)、国際赤十字・赤新月社連盟、国際連合欧州本部、国連難民高等弁務官事務所本部(UNHCR)、世界保健機関(WHO)を訪れ、人道的な赤十字活動の実態についてブリーフィングや質疑応答等を実施、赤十字ムーブメントの理解を目指しています。

1日目2日目3日目4日目5日目6日目

ソルフェリーノ

協会

カスティリオーネ

赤十字国際博物館

見学

移動日

赤十字国際委員会

国際連合欧州本部訪問

国際赤十字・

赤新月社連盟

国連難民高等弁務官事務所 訪問

国際保健機関

旧市街デュナン

見学

シャモニーなど見学

国際交流センターは本学における国際交流事業に広く貢献することを目的として設置されました。その他の事業をお知りになりたい方は、国際交流センターページをご覧ください。

国際交流センター

渡航費およびその他の費用負担

交換留学制度(スウェーデン赤十字大学・ラ・ソース大学)

往復の航空運賃及び海外傷害保険は奨学金制度で充当されます。

宿舎・受講にかかる諸経費は受け入れ側の大学が負担、現地の食費・生活費は本人負担となります。

モナシュ大学語学研修

研修費用は、日程・参加人数・為替レート等により異なります。例年、400,000~450,000円程度となっています。

赤十字国際活動論演習・国際看護学演習

訪問国・渡航国・参加人数等により異なります。詳細については、関連する授業にて説明があります。

奨学金について

日本赤十字看護大学伊藤・有馬記念基金奨学金

本学独白の奨学金および奨励金制度で、年度毎に申請でき、前年度もしくは当該年度の成績や経済的事情により学業継続が困難であること等を考慮して選考されます。学生奨学金は年額10万円以内、学生外国留学奨励金は年額5万円以内で、修学費、海外研修費の一部として多くの学生に利用されています。ほかにスウェーデン赤十字大学及びラ・ソース大学への交換学生の渡航費用が助成されます。

本奨学金は返済する必要はありませんが、学生奨学金は「学生生活報告書」、学生外国留学奨励金は「留学報告書」を提出することが義務づけられています。


その他の奨学金についてはこちらをご覧ください。

奨学金