看護学部

成績評価・GPA

成績評価の仕方

本学では以下の方法により成績評価を行っています。科目ごとに評価の方法は異なり、詳細はシラバスに記載しています。

1.授業への取り組み*
2.定期試験(筆記・口述・実技・レポート・論文等、試験形態は科目により異なります)
3.その他(授業期間内に行うレポート課題、授業中に行う小テスト・発表・実技等)
*授業への取り組みとは単に出席回数を評価するということでは無く、受講態度や積極的な授業への参加など、主体的な学修への取り組みを評価します。

成績評価基準とGPA

成績評価は100点満点とし、それをS,A,B,C,Dに評価し、Dは不合格となります。それぞれの基準は次のとおりです。

評点(点数)

100~90点

89~80点

79~70点

69~60点

59点以下

 認定 

成績表示SABCD

 認定 

GP4.03.02.01.00.0 対象外
  • 100~60点(評価S~C)が合格、59点以下(D)は不合格です。
  • 「認定」とは既修得単位として認定されたもので、評価はつきません。また、GPA計算からも除外されます。
  • GPとは「Grade Point」の略です。GPの平均を求めたものがGPAです。

GPA評価(Grade Point Average)

本学では平成27(2015)年度入学生からGPA制度を導入しています。

GPAとは成績評価指標の一つであり、修得単位数の水準を知るうえで参考になるものです。

成績評価のC(成績69~60点)は「当該科目の到達目標を最低限度達成している」ことを示すものですので、履修科目全体の成績評価の平均であるGPAが1点台の場合は卒業時の到達目標に達するためにこれまで以上の努力が求められることを意味しています。このため、本学では学年ごとの到達度の評価としてはまずGPA2.00以上を目指すように説明しています。

GPAの計算方法は以下のとおりです。


GPA=(Sの単位数×4+Aの単位数×3+Bの単位数×2+Cの単位数×1)÷成績評価を受けた授業科目の単位数

GPAの計算例

以下のように計算します。

   科目名   単位数(a)  評価   GP(b)   a×b  
〇〇概論2S48
〇〇学2B24
◇◇演習2D00
◇◇実習3A39
921

  GPA=(2×4+3×3+2×2+0×1)÷9

    =21÷9

    =2.33 (小数点以下第3位を四捨五入)

   ※全科目が「S」の場合は「4.0」になります。