大学院

在学生の声


 DNGLに入学して4年目を迎えました。1年目は熊本地震の支援を通して、被災地における看護を経験しました。2年目はそれをもとに実践課題レポートで知識や経験を統合し、学会発表等を通して、他者に伝える大切さを実感しました。3年目は、地域防災プロジェクトを行うことで、コミュニティのニーズに沿った防災教育のあり方について学びました。また、国際機関の訪問、海外における自然災害後の支援活動、難民キャンプの訪問などの活動を経て、グローバルな視野を持ち、その土地の文化や習慣を理解して支援していく重要性を実体験から学びました。そこから、新たに自己の課題を見出すことが出来ました。

 今年度は、これまでの学んできたこと、様々な活動で得たことを統合し、残りの時間を大切にしながら、それぞれ興味のある研究テーマについて探求していきたいと思います。





 私達は、国際救援活動や東日本大震災をきっかけに災害看護に深く興味を持ち、DNGLに入学しました。大学院では災害の実践経験豊富な講師陣や、グローバルに活躍する方々からの濃密な講義を受け、被災地でのフィールドワークや実習などを通して、机上での学びと経験からの学びを統合しながら災害支援とは何か、災害看護とは何かを考え学修を深めています。さらに、国際学会でのポスター発表や、ジュネーブのWHOやIFRCなどの国際機関を訪問する機会を得て、多角的な視野を養っています。これらの経験を踏まえながら、大学院での研究を通して、国内外の災害の現場で幅広く活躍できるよう、学友と共に切磋琢磨できる環境で学び、自身の成長を実感しています。



 災害看護に興味を持ち、DNGLへ入学し早一年が経ちました。新たな環境と人々に囲まれての大学院生活は、どれもが新しい経験で、とても価値あるものでした。講義や演習を通して災害看護の基本的な知識を学ぶとともに、国際学会でのポスター発表や国連機関への訪問、そして、西日本豪雨で被害を受けた愛媛県大洲市での支援活動など学外活動を通じて、研究や実践面での学びを先輩や教員の助言のもと得ることができました。被災地での活動では、学生という立場から自分たちにできることを考え、そこで生活する人々に向き合い、理解しようとする姿勢が大切だと学びました。

 大学院生活の2年目を新たな時代とともに迎えた本年は、一年次の講義や学外活動での学びを研究に活かし、研究者として必要な知識と思考力を身につけつつ、俯瞰的に物事がみれるよう努力していきたいです。



Adobe Acrobat Reader

ご利用のブラウザでPDFファイルをご覧いただけない場合は、Adobe社の Acrobat Reader(無料) をご利用ください。