大学院

働きながら大学院に行こう!

大学院修士課程に、勤務しながら学びたい社会人を応援する履修形態があります。

通常(フルタイム)履修

2年間休職して、フルタイムで大学院の講義や研究指導を受ける。

全専攻・コース対象

社会人・集中履修

1年目のみ休職して集中的に講義を履修する。2年目には職場に復帰し、研究指導のみ受ける。

国際保健助産学専攻実践コースは除く

社会人・就労継続履修

2年間休職をせずに、大学院で講義や研究指導を受ける。

(指定された曜日に開講される講義を集中的に受講する。)

看護学専攻実践コース、国際保健助産学専攻実践コースは除く

社会人長期履修

標準修業年限(2年間)での履修が困難な学生を対象とし、休職をせずに3年間で計画的に講義や研究指導を受ける。授業料等納付金は2年間とほぼ同額です。詳細は学費ページをご覧ください。

看護学専攻実践コース、国際保健助産学専攻実践コースは除く

check!

  • 専攻や領域により、選択できる形態が異なります。関心のある方は、ご自身の希望する専攻・領域の教授に必ずご相談ください。
  • 他大学院もしくは本大学院修士課程科目等履修生として修得した単位は、既修得単位として認定することがあります。
  • 看護系短期大学、看護専門学校等の卒業で看護師資格を有する場合、条件により個別の入学資格審査を受験することが可能です。詳細は入試概要ページをご覧ください。

入試案内

修士課程の詳細な情報は、入試案内ページをご確認ください。

修士課程


学費について

学費

入試ハンドブック

より詳しい情報は入試ハンドブックをご覧ください。

入試ハンドブックは大学・大学院案内に付属しています。資料請求よりお求め下さい。

資料請求