大学院

実践コース

看護教育学領域

看護教員キャリア支援・現任教育担当者キャリア支援

看護教育学領域では、「看護教員キャリア支援」として、高度な理論と実践力を兼ね備え、さらにリーダーシップを発揮し学校経営の視点をもった看護教員を育成します。また、「現任教育担当者キャリア支援」として、看護教育学と看護管理学を融合した高度な理論と実践力を兼ね備えた現任教育担当者を育成します。


本コースは看護における教育現場の課題を改革し、これを実践的に検証しうる立場にある現職の看護教員または看護職者を対象としており、教育実践と学業の両立を前提としたプログラムとしています。具体的には、1年目は授業を受け学修に専念しますが、2年目からは勤務先に復帰し、働きながら定期的に授業及び研究指導を受け、修士論文を提出することができます。

取得可能な資格

専任教員または教務主任養成講習会の修了資格

看護管理学領域

看護管理者キャリア支援・現任教育担当者キャリア支援

看護管理学領域では、看護管理者の養成として、「看護管理者キャリア支援」「現任教育担当者キャリア支援」コースを設置し、前者は看護管理にとどまらず、医療経営、病院経営など広い視野をもった管理者を育成します。 後者は、看護教育学と看護管理学を融合した高度な理論と実践力を兼ね備えた現任教育担当者を育成します。


本コースは看護における医療現場の課題を改革しこれを実践的に検証しうる立場にある現職の看護職者を対象としており、実践と学業の両立を前提としたプログラムとしています。具体的には1年目は授業を受け学修に専念しますが、2年目からは勤務先に復帰し、働きながら定期的に授業及び研究指導を受け、修士論文を提出することができます。

認定看護管理者(Certified Nurse Administrator)について

本コースの看護管理学を専攻し修士課程修了後の実務経験が3年以上ある者、もしくは師長以上の職位での管理経験が3年以上ある者で本コースの看護管理学を専攻し修了した者は、日本看護協会認定看護管理者の認定審査を受験することができます。