ニュース

【イベントレポート】渋谷区防災フェス2018に参加しました

2018.09.06イベント

カラム画像


防災の日にちなみ、2018年9月1日(土)、2日(日)に代々木公園で開催された渋谷区総合防災訓練(防災フェス)2018に本学の教員、学生が参加しました。日常から防災に関心を持つことの大切さを理解することを目的に、女性(妊産婦)や乳幼児を持つ母親・家族を対象にしたトークステージや日用品を使った救急法など体験型イベントを行い、多くの方にご参加いただきました。


参加した主なイベントは以下の通りです。

1、トークステージ

テーマ:「お母さん目線の役立つ防災対応 ~発災時の持ち出しグッズと身を守る行動について~」

担当:本学 母性看護学・助産学 准教授 喜多里己

日時:9月2日(日)11:00~

内容:・震災時にこどもの身を守る「だんご虫のポーズ」の紹介

   ・避難グッズの紹介と重さ体験

   ・水が使えない際の使い捨て用紙食器の製作体験 等

2、SHIBUYAのBOSAI体験

テーマ:身近なものを使った救急法を体験しよう!

担当:本学 災害救護ボランティアサークル(SKV)の学生

日時:期間中常時

内容:テントエリアにて身近なものを使った救急法実演、傷病者メイクなど。


9月は防災月間です。

身の回りや自宅の防災環境を今一度確認する機会にしてはいかがでしょう。



※渋谷区総合防災訓練(防災フェス)2018の詳細はこちら

※本学 災害ボランティアサークル(SKV)についてはこちら


【プレスリリース】渋谷区防災フェス2018に参加します