ニュース

【一般選抜】受験生への注意事項及びお願い(12月22日発表)

2020.12.22入試

一般選抜 受験生各位


試験場における感染拡大防止のため、受験生の方は以下の事項を遵守してください。

また、併せて学生募集要項の「入学者選抜試験当日の注意事項」をご確認ください。


受験生の皆様におかれては、試験当日までの期間には、密閉・密集・密接した状況を避けるなど感染予防に十分留意し、万全な体調で試験に臨まれることを期待しています。

1.試験当日までの健康チェックの実施

7日前から「症状等確認表」(PDF)を用いてセルフケアチェックを行ってください。記録した「症状等確認表」は、必要に応じ提示できるように、試験当日持参してください。

試験当日の「症状等確認表」①~⑩の項目に、2つ以上該当がある場合は、受験ができませんので、必ず試験当日の正午までに大学に連絡し、試験場には来ないでください。

試験当日の「症状等確認表」①~⑩の項目に、1つ該当がある場合、健康上の心配がある場合、当日の体温測定を忘れてきた場合、あるいは当日「症状等確認表」を忘れた場合は、相談用受付に申し出てください。


※第2次試験にむけて

第1次試験合格発表日が第2次試験実施日の数日前のため、第1次試験受験後も同様に健康チェックを実施していただき、第2次試験を受験する方は、試験当日に必要に応じ提示できるように記録した「症状等確認表」を持参してください。


症状等確認表(PDF)


2.感染症等罹患(健康チェックの実施結果含む)による追試験等について

次の場合の(1)から(5)のいずれかに該当する者は、受験を認めることはできません。該当する理由により受験を取りやめた受験生は、追試験の受験、あるいは検定料の返還が可能ですので、試験当日の正午までに連絡をしてください。後日、「申請書」(※1)に証明となる書類(※2)を添えて郵送による手続きをしていただきます。

(1)受験生本人が新型コロナウイルス感染症に罹患し、一般選抜試験日(以下、「本試験日」とします)まで
   に医師が治癒したと診断していない場合(感染が疑われる場合を含む)。

(2)受験生本人が保健所等から濃厚接触者に該当するとされ、本試験日までに健康観察期間が終了していない
   場合。

   [補足説明]

    濃厚接触者で無症状の方については、受験(別室)を認める場合がありますので、本試験前日17時まで
    に以下の連絡先にご相談ください。

(3)受験生本人が学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症にかかり、本試験日までに医師が治癒
   したと診断していない場合。

(4)本試験日当日の検温で、37.5度以上の熱がある場合。

(5)本試験日当日に発熱や咳、のどの痛み等の新型コロナウイルス感染症が疑われる症状があり、試験本部が
   受験不可と判断した場合。


連絡先 (必ず試験当日の正午までに連絡してください)

本試験日前日まで:E-MAIL  nyushi@redcross.ac.jp 学務二課入試・広報係あて

本試験日当日:
広尾キャンパスでの受験者は、TEL 03-3409-0875(代表)
大宮キャンパスでの受験者は、TEL 048-799-2747(代表)


※1 「申請書」

追試験受験申請書(PDF)

検定料返還申請書(PDF)



※2 証明となる書類:

(1)(2)(3)の場合

⇒医師の診断書や保健所の通知等(治療期間や自宅待機期間等が明記され、本試験日において新型コロナウイル
 スに感染した、または感染が疑われる症状があることを確認できるもの)。

(4)の場合

⇒試験当日の自宅等での検温での発熱を確認した場合は、医師の診断書、当日の通院日明記の領収書、あるいは
 記録済みの「症状等確認表」等

⇒試験場での再検温で受験不可となった場合は、「受験中止同意書」*

(5)の場合

⇒試験当日、「症状等確認表」①~⑩の項目に2つ以上該当があり、受験を取りやめた場合は、医師の診断書、
 当日の通院日明記の領収書、あるいは記録済みの「症状等確認表」等

⇒試験当日、試験場での健康観察により受験不可となった場合は、「受験中止同意書」*

*試験当日、試験場で受験不可となった場合に大学から渡します。

3.受付開始時刻および入場時の協力について

  • 第1次試験当日の開館及び受付開始時刻は、午前8時とします。開館・受付開始時刻より早く大学に到着しても待機のための控室はありませんので、ご了承ください。
  • 第2次試験当日の「午前の部」「午後の部」それぞれの開館及び受付開始時刻は、1月中にホームページでお知らせします。開館・受付開始時刻より早く大学に到着しても待機のための控室はありませんので、ご了承ください。
    なお、「午前の部」「午後の部」いずれか一方を、第1次試験合格発表時に指定します。指定された「午前の部」「午後の部」を変更することはできません。
  • 入場時に、受付の係員に受験票を提示してください。その際は、密集をさけるため、間隔をあけて進んでください。
  • 付き添いの方は、原則として試験場へ立ち入ることはできません。付添者控室は設けておりませんのでご了承ください。なお、付き添いを必要とするご事情のある方は、事前にご相談ください。

4.マスクの着用等について

  • 症状の有無に関わらず、各自マスクを持参し、試験場までの交通機関利用時や、試験場内では常に着用してください。
  • 受験生確認のための写真照合の際は、試験監督者からの指示により一時マスクを外してください。
  • 第2次試験においての面接実施時は、受験生は面接員の指示により、マスクを外していただきます。面接員はマスクを着用し、受験生との十分な距離を確保します。また、必要な換気を行います。

5.手指消毒、手洗いの徹底について

  • 日頃から手洗いや手指消毒を徹底してください。試験場入口や試験室入口にはアルコール消毒液を設置しています。
  • アルコールにアレルギーのある方は、各自で消毒液の代替品(ウェットティッシュなど)を持参してください。
  • 第2次試験においての面接室の退室時には、手指消毒を行っていただきます。

6.試験室の換気について

  • 試験室の換気のために、窓を開放します。場所により寒い場合がありますので、暖かい上着などを持参してください。

7.その他

  • 発熱、咳等の症状がある受験生はあらかじめ医療機関での受診を行ってください。
  • エレベーターは利用できません。エレベーターの利用が必要な方は、事前に入試広報係にご連絡ください。
  • 休憩時間や昼食時等における他者との接触、会話を極力避けてください。
    館内で昼食を取る場合は、自席に限ります。飲食の際、マスクを外したままでの会話は、控えてください。