ニュース

シリア赤新月社 社長が来学しました

2018.09.19お知らせ

カラム画像


2018年9月19日(水) シリア・アラブ赤新月社(以下シリア赤)の社長 ハ―レッド・フブーバーティ氏(左から2番目)をはじめとしたシリア赤社の皆さんが日本赤十字看護大学に来学しました。


本学の看護師育成の歴史や修士課程・博士課程の現状、災害看護グローバルリーダープログラムなどについての説明の後、学生の様子や本学の教育研究施設、救護倉庫などを見学されました。


<来学されたシリア赤の皆さん>

社長:ハ―レッド・フブーバーティ氏

ダマスカス支部副支部長:ハ―レッド・イリクスーセィ氏

副局長兼財務部長:タラール・アルマスリ氏

保健事業部長:ムハンマド・バドゥルッディーン・アルジャッラ氏


シリアは過去7年間に渡って紛争が続き、戦闘地域の住民の保護だけでなく避難民への対応も大きな問題となっています。

来学された皆さんからは、現在避難所の運営や炊き出し、救援物資の配付、飲み水の供給などを続けており、今後は長い復興の期間が待っているとの話をお聞きしました。また赤十字の理念のもと看護教育を続ける本学へのエールをいただきました。


カラム画像

カラム画像

カラム画像

カラム画像

カラム画像

カラム画像

カラム画像