ニュース

学長メッセージ

2020.03.26お知らせ

学長メッセージ


 皆さまも御承知のとおり、国内外でコロナウイルスが蔓延し、世界中の人々が感染の危機に晒され、亡くなられた方や感染症と闘っている方も多くおられます。このような状況を鑑み、 令和2年度入学式の開催を中止致しました。加えて、今年度の授業開始につきましても、4月のガイダンス及び授業開始予定を、5月7日(木)以降に延期することに致しました。

 これまで、皆さまの安全と健康を第一に考えながら、大学全体で授業開始時期を検討して参りました。この数日間で東京都の感染者数が増加している現状を踏まえると、4月はオーバーシュート(爆発的急増)発生のリスクを回避するための大変重要な時期となります。特に本学は東京の渋谷区(広尾キャンパス)と埼玉県さいたま市(大宮キャンパス)にあり、人の往来の激しい地域です。皆さまの安全と健康を守ることを第一に考え、さらに感染拡大を防ぐための看護大学としての社会的使命など、総合的な見地から授業開始を延期することを決断致しました。

 4月の授業開始を楽しみにしておられた皆さま、ご家族にとりまして、大変残念なお知らせをすることになり、心苦しい次第です。皆さまの健康を守ることと、学ぶ機会を守ることと、の両方から検討した結果、苦渋の決断に至りましたこと、皆さまとご家族のご理解を頂けますよう何卒お願い申し上げます。

 授業開始までの時期は、自宅学習とする予定です。その方法等は、別途本学ホームページ(在学生にはポータルサイト)などでお知らせいたしますので、適宜ご確認ください。また不安や疑問な点などは、ぜひ大学の相談窓口などにご連絡下さい。

 皆さま自身の健康を自分で守ることができるような行動をとっていただけるよう、授業開始までの期間をお過ごしください。若い皆さまの行動が、人々の健康を守ることになることを十分に認識して日々自粛して過ごして頂けるよう願っています。

 5月に、また元気に皆さまとお会いできることを楽しみに、安心して学習してもらえるための準備にむけて教職員一同、尽力して参ります。


                令和2年3月26日
                       

                            日本赤十字看護大学            

                            学長 守田 美奈子