さいたま看護学部 2020年4月開設予定(設置準備中)

学部の特色

2020年4月開設予定(設置準備中)

大宮駅から徒歩10分

準備内容は予定であり、今後変更の可能性があります

学長メッセージ

長きにわたり受け継いできた看護の道を、未来へと発展させていきます。

日本赤十字看護大学は、2020(平成32)年4月の「さいたま看護学部」開設に向けて準備を進めています。


日本赤十字社の看護師養成は、1890年に東京の日本赤十字社病院から始まり、赤十字の看護教育は、災害で被災した人や病いで苦しむ人々へのケアを、さまざまな場で展開できる人材の育成を目指して、今日まで128年の歴史を積み重ねてきました。


1986年からは4年制大学に改組し日本赤十字看護大学としてさらなる歩みをすすめてきました。これまでに多くの学部卒業生・大学院修了生が、国内だけでなく海外でも活躍しています。


埼玉県では、さいたま赤十字看護専門学校が80年余りの看護教育の歴史を紡いできました。

日本赤十字看護大学さいたま看護学部は、このバトンを受け継ぎます。


そして、埼玉県内の赤十字施設のネットワークを活かし、少子高齢化がすすみ、グローバル化する社会で、地域に根ざして人々の生活を守りケアできる看護師の育成を目指していきます。

育てる人

地域に根ざして人々の生活を守りケアできる看護職者を育てます。

赤十字の理念に基づき、看護の実践と研究に必要な基礎的能力をもち、地域社会に貢献できる、幅広い教養と豊かな人間性のある人材を育てます。埼玉県及び周辺地域の保健医療福祉の特性から、高度医療の担い手の育成とともに、コミュニティケアを担える看護職の育成を目指します。

  1. さまざまな背景をもつ人々と対話し、かかわり合うことができる人
  2. 一人ひとりの尊厳を守り、倫理的な感受性を持つ人
  3. 看護を必要としている人の視点に立って、看護を実践できる人
  4. 自ら課題を見出し、解決に向けての行動が取れる人
  5. 看護を必要とする当事者、各種専門職者、地域の人々と連携し協働できる人
  6. 看護の専門職としての意識を持ち、学び続ける人
  7. コミュニティへの関心を持ち、コミュニティの健康課題に取り組む姿勢を持つ人
  8. 変化する社会のなかで、新たな看護を創りだす姿勢を持つ人

5つの魅力

「一人ひとりを大切にする」教育

教員とコミュニケーションをはかるオフィスアワーやクラス担当制を取り入れ、学習と生活をきめ細かくバックアップします。

グループワークを通し、お互いを尊重し、話し合いながら学ぶ力を養います。

確かな実践能力と深い人間性を育む実習

実習では、講義や演習で学んだ知識や技術を応用し、多くの人々との出会いを通して、看護の学びを深めます。

指導体制の行き届いた実習施設と大学の連携により、1年次から段階的に実習を進めます。

コミュニティケアを重視した教育

地域と連携した学習と通して、病院と地域をつなぐケアを実践できる看護師の育成に力をいれています。

災害支援を身につける教育

1年次前期から「災害看護論」の講義が始まり、住民と共に日常時の地域防災活動を学ぶなど、災害支援の経験豊富な講師が授業を展開します。

充実した教育環境

ICT環境を備えアクティブラーニングも可能な講義室、看護の伝統を大切にしICT環境も取り入れた実習室、開放的でグループ学習室を備えた図書館、学習スペースともなる各階の学生ラウンジが整っています。

4年後の国家試験受験に向けて、さまざまな国家試験対策プログラムを提供します。
奨学金制度や健康相談など様々な支援システムがあります。

未来へのキャリアプラン

日本赤十字看護大学は、学部教育から大学院修士課程・博士後期課程を通じて、看護専門職へのあなたの輝く未来を力強くアシストします。

さいたま看護学部での4 年間の学びを経て、看護師・保健師としてさまざまな現場で活躍できます。卒業後、あなたの学習ニーズやキャリアプランに応じて、日本赤十字看護大学大学院への進学など、柔軟に進路選択できる豊かな教育環境が整っています。

お問合わせ

日本赤十字看護大学 さいたま看護学部 設置準備室

〒150-0012東京都渋谷区広尾4-1-3

TEL 03-3409-0975(直通)(月~金 9:00~17:00)