教員

DSC04372_-_.JPG

川﨑 修一

KAWASAKI Shu-ichi

職名 教授
専門分野 英語学
連絡先

E-mail:s.kawasaki@redcross.ac.jp

プロフィール

学歴 ロンドン大学(University College London)大学院言語学修士課程修了 (MA in Linguistics)
学位 言語学修士、文学修士
主要職歴 東京大学教養学部非常勤講師(現職)
東海大学文学部英文学科非常勤講師
跡見学園女子大学文学部非常勤講師 等
担当授業科目 R1-1, R1-2, W2-1, W2-2, LS2-1, LS2-2, 基礎ゼミ、卒業研究
研究テーマ 英語の語法文法、構文の意味と制約
研究内容キーワード 構文、意味、機能、認知、制約
主要所属学会

日本英語学会、日本認知言語学会、英語語法文法学会、日本英語表現学会、欧米言語文化学会、日本英語英文学会

主要著書・論文

『形容詞と副詞』(英文法大事典シリーズ4)(開拓社、共訳)2017年10月

擬似受身構文とモダリティ 日本赤十字看護大学紀要第25号:1-10 2011年3月

『ことばの意味と使用 ― 日英語のダイナミズム』鳳書房 澤田治美・高見健一編 第5章「結果構文」:47-57 2010年12月

Graded Acceptability and the Semantic Constraint on the Idiomatic Construction: The Case of TIME-away 日本赤十字看護大学紀要第24号:1-12 2010年3月

Remarks on the Lexical Motivation for Constructional Productivity: The Case of the Gesture-Expression Construction 日本赤十字看護大学紀要第24号:56-76 2010年3月

『看護における理論構築の方法』Walker, L. O. and Kay. C. Avant (2005) Strategies for Theory Construction in Nursing(中木高夫と共訳)医学書院 2008年7月

Ichiro hit his way to the record! - The Semantics of the Way Construction 日本赤十字看護大学紀要第22号:1-15 2008年3月

‘Masashi Drank silly’はなぜ不適格文か―英語の主語叙述結果構文について―『言語表現と創造』鳳書房:33-48 2005年11月

「羊と結婚しちゃいけないの?」『言葉からみた人間-その精神性の諸相』鳳書房:297-307 2000年10月