教員

morita_minako.jpg

守田 美奈子

MORITA Minako

職名 学部長 教授
専門分野 がん看護、緩和ケア、看護哲学
連絡先

TEL:03-3409-0280

E-mail:morita@redcross.ac.jp

プロフィール

学歴 杏林大学保健学研究科博士後期課程終了
学位 保健学博士
主要職歴 日本赤十字社医療センターで内科、救急、ICU
杏林大学医学部付属看護専門学校専任教員
在宅看護研究センター副代表
日本赤十字看護大学助教授を経て現職
担当授業科目 【学部】
看護学概論I、看護学概論II、応用看護学特論、遺伝と遺伝カウンセリング
【大学院】
基礎看護学特講I、基礎看護学演習、基礎看護学実習
がん看護学特講I、がん看護学特講III、がん看護学特講IV
研究テーマ 看護ケアの現象学
緩和ケアにおける看護の実践知
がん患者・家族へのサポート
高度医療と人間の体験、看護
研究内容キーワード 現象学、緩和ケア、実践知、ケアリング、がん
主要所属学会

日本看護科学学会
日本赤十字看護学会
日本がん看護学会
日本緩和医療学会
日本サイコオンコロジー学会
日本遺伝看護学会

主要著書・論文

【著書】

看護理論家の業績と理論評価、医学書院(共)、2015.

触れる手・癒す手・あいだをつなぐ手(共)、看護の科学者、2011.

看護理論 看護理論20の理解と実践への応用(共)、南江堂、2008.

看護技術 スタンダードマニュアル(共)、メジカルフレンド社、2006.

(共訳)がん患者と家族のためのサポートグループ(デビット・スピーゲル、キャサリン・クラッセン著、朝倉隆司、田中祥子監訳)、医学書院、2005.

ドッシー,キーガン&ガゼッタ著・川原由佳里・守田美奈子監訳(2006),ホリステック・ナーシング,エルゼビア・ジャパン,2006.

【論文】

守田美奈子(2014)、急性期病棟での緩和ケア,看護研究,2014,47(7),医学書院.

守田美奈子(2013)、緩和ケア病棟における見取り、看護研究45(4).

守田美奈子(2012)、見取りのケアと間身体性、メルロ・ポンティサークル研究会誌.

守田美奈子他(2011)、複合型がんサポート・プログラムに対する課題の検討、Palliative Care Research,6(1).

守田美奈子他(2010)、がん患者・家族へのサポート -コンプリメンタリーセラピーを導入したサポート・プログラム-、日本統合医療学会誌3(1).

サポート・グループにおけるがん患者・家族への支援(2008),家族看護6(2).

守田美奈子他(2007)、がん患者のためのサポート・グループ・ファシリテーター教育プログラムの実施と評価、日本緩和医療学会誌1(1).