教員

2018-04-18_12_28_57_2.jpg

齋藤 英子

SAITO Eiko

職名 准教授
専門分野 母性看護学、助産学
連絡先

TEL:03-3409-0186

E-mail:e-saito@redcross.ac.jp

プロフィール

学歴 日本赤十字看護大学卒業
東京大学医学部付属助産師学校卒業
千葉大学大学院看護学研究科博士前期・後期課程修了
学位 博士(看護学)
主要職歴 武蔵野赤十字病院 小児科病棟/産婦人科病棟/母子保健相談室
千葉大学大学院

レベルⅢ認証
NBOトレーナー
担当授業科目 【学部】
研究方法論Ⅰ、研究方法論Ⅱ、発達看護学Ⅰ(リプロダクティブ・ヘルスと看護)[レベルⅢ]実習、地域・在宅看護学[レベルⅣ-1]
【大学院修士課程】
応用助産学特講Ⅰ、実践助産学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、リプロダクティブ・ヘルスケア演習Ⅰ・Ⅱ、リプロダクティブ・ヘルスケア実習Ⅰ・Ⅱ、助産学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
研究テーマ 親子関係構築支援、母乳哺育支援、周産期メンタルヘルス、地域母子保健、助産教育
研究内容キーワード NBO新生児行動評価、母乳哺育、親子関係、周産期のメンタルヘルス,助産教育
主要所属学会

日本助産学会

日本看護科学学会
日本母性看護学会
日本周産期メンタルヘルス学会
日本母乳哺育学会
日本赤十字看護学会


ホームページ

NBO研究会

主要著書・論文

【論文】

Maternal gratification from breastfeeding among first time Japanese mothers, MIDIRS Midwifery Digest, Vol 24, No.4, pp 515-518, Dec 2014.

Problematic Breastfeederとその親への看護介入プログラムの開発と妥当性の検討,日本母性看護学会誌,14巻1号,p.17-24, 2014.03.

大月恵理子, 森恵美, 柏原英子, 望月良美: 家族育成期の日本人の子育て観についてー個人特性による相違―, 千葉看護学会会誌, 18巻1号, p.19-25, 2012.7.

Emi Mori, Eliko Otsuki, Yoshimi Mochizuki, Eiko Kashiwabara: Comparing child-care values in Japan and China among parents with infants, International Journal of Nursing Practice, Vol.18(2), p.18-27, 2012.6.

母親が困難と感じた哺乳行動と観察された哺乳行動との関係ー初めて母乳哺育をする母親を対象としてー, 母性衛生,52巻2号, p.278-285,2011.07

初めて母乳哺育を行う母親が困難感を抱く新生児の哺乳行動, 母性衛生,52巻2号, p.270-277, 2011.07

早期新生児の哺乳行動に対する母親の体験の変化, 日本母性看護学会誌, 6巻1号, p.1-8, 2006.03