教員

sasaki_ikumi.jpg

佐々木 幾美

SASAKI Ikumi

職名 学部長 教授
専門分野 看護教育学
連絡先

E-mail:i-sasaki@redcross.ac.jp

プロフィール

学歴 日本赤十字看護大学大学院
看護学研究科博士後期課程修了
学位 看護学博士
主要職歴 名古屋第二赤十字病院 看護師
杏林大学 非常勤講師
担当授業科目 看護教育論 I、看護学総合実習、卒業研究、看護教育学特講I(大学院)、看護教育学特講 II(大学院)、看護教育学特講 IV(大学院)、看護教育学特講V(大学院)、看護教育学特講 VI(大学院)、看護教育学特論(大学院)、看護教育学演習 I・II(大学院)、看護教育学実習 I・II(大学院)
研究テーマ 看護教育評価、看護教育方法
研究内容キーワード 看護学実習指導、教育評価、看護師資格試験、看護教育制度
主要所属学会

日本看護科学学会
日本看護学教育学会
日本看護管理学会
日本看護技術学会
日本教育制度学会

主要著書・論文

井部俊子・高屋尚子・佐々木幾美・伊東美奈子(2012). 「プリセプターシップー育てることと育つこと」. ライフサポート社. <共著>

菱沼典子・井上智子・武田利明編集・執筆(2009).「看護の原理-ケアすることの本質と魅力」、ライフサポート社.分担執筆;「第7部 看護職はどこに向かっているか、第1章~第5章(460-492)」.<共著>

グレッグ美鈴・池西悦子編集(2009).「看護学テキストシリーズNiCE 看護教育学-看護を学ぶ自分と向き合う」, 南江堂.分担執筆;「第VIII章 教育評価(203-218)」.<共著>

川島みどり監修(2007).「学生のためのヒヤリハットに学ぶ看護技術」, 医学書院.分担執筆;「体位姿勢の保持におけるトラブル(34-41)」, 「食事・水分摂取の援助時のトラブル(90-97)」. <共著>

佐々木幾美(2007).医療安全の確保.(今日の看護指針 事例解説編).看護実践の科学,32(2):6-16.

佐々木幾美(2002).学校教育における看護とケアリング.関東教育学会紀要,29:117-121

佐々木幾美・濱田悦子(2002).学生を含めた共同カンファレンス.大学と学生,453:50-55.<共著>

佐々木幾美(2001).看護学実習評価の変遷.日本看護学教育学会誌,10(4):1-10.

佐々木幾美(1998).学生の行動変容からみた成長過程;基礎看護学実習における看護教員の評価より.看護研究,31(6):513-522.