教員

鈴木 健太

SUZUKI Kenta

職名 助教
専門分野 小児看護学
連絡先

E-mail:k-suzuki@redcross.ac.jp

プロフィール

学歴 日本赤十字看護大学大学院看護学研究科博士後期課程(小児看護学専攻)修了
学位 博士(看護学)
主要職歴 横浜市立みなと赤十字病院 看護師
特定非営利活動法人えがおさんさん 訪問看護ステーションさんさん 看護師
担当授業科目 【学部】
発達看護学Ⅱ(子どもと家族の看護①②)
応用看護学特論Ⅰ③(子どもの権利と家族)
健康レベル別看護学演習Ⅱ
看護援助論実習〔レベルⅡ〕
発達看護学Ⅱ(子どもと家族の看護)実習〔レベルⅢ〕
地域・在宅看護学実習〔レベルⅣ〕-1(小児看護学)
看護学総合実習
研究Ⅰ・Ⅱ
研究テーマ 自宅で生活する障がい児とその家族への看護
研究内容キーワード 小児訪問看護、医療的ケア児、重症心身障がい児(者)
主要所属学会

日本看護科学学会

日本赤十字看護学会

日本小児看護学会

日本看護研究学会

日本重症心身障害学会

国際ケアリング学会(International Society of Caring & Peace)

主要著書・論文

【論文】

重度障がいのある乳幼児を訪問する看護師の実践の様相 ; 自宅で生活を始めてからの1年間に焦点をあてて. 2018年度日本赤十字看護大学大学院看護学研究科博士論文.


鈴木健太 (2017). 在宅維持期において重度障害のある学童を訪問する看護師の実践. 日本在宅看護学雑誌,6(1), 166-176.


松尾陽子・森下由佳・鈴木健太 (2018). 病気や障害のある子どもの家族へのサービス. 小児看護, 41(8), 1032-1039.


太田智子・川名るり・吉田玲子・江本リナ・鈴木健太・鈴木翼・山内朋子・筒井真優美 (2017).小児看護専門看護師が考える小児看護学実習における学生への支援. 日本小児看護学会誌,26, 38-44.


川名るり・吉田玲子・太田智子・江本リナ・鈴木健太・鈴木翼・山内朋子・筒井真優美 (2017).子どもと家族にかかわるすべての看護師に求められること―これからの小児看護につながる小児看護学実習の課題―. 日本小児看護学会誌,26, 15-22.


吉田玲子・川名るり・太田智子・江本リナ・鈴木健太・鈴木翼・山内朋子・筒井真優美 (2016).小児看護専門看護師が考える小児看護学実習でめざす学生の学び. 日本小児看護学会誌,25(2), 53-60.


濱田真由美・佐々木美喜・住谷ゆかり・鈴木健太・仁昌寺貴子 (2018). 授乳を行う母親の体験 質的研究のメタ・サマリー. 日本看護研究学会雑誌, 41(5), 875-889.