教員

yoshikawa_photo.jpg

吉川 悦子

YOSHIKAWA Etsuko

職名 准教授
専門分野 産業保健・産業看護学 公衆衛生看護学
連絡先

E-mail:e-yoshikawa@redcross.ac.jp

プロフィール

学歴 聖路加国際大学大学院看護学研究科博士後期課程修了
学位 博士(看護学)
主要職歴 東海大学医学部付属病院
NTT東日本首都圏健康管理センタ
財団法人労働科学研究所研究部
四日市看護医療大学
東京有明医療大学
担当授業科目 【学部】
生活環境論、地域看護学、公衆衛生看護活動論、在宅看護学、地域・在宅看護学実習、研究方法論Ⅱ、公衆衛生看護活動展開論、公衆衛生看護管理論、公衆衛生看護方法論、公衆衛生看護活動論演習Ⅰ、Ⅱ、公衆衛生看護学実習、総合実習
【大学院】
地域・在宅看護学特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、地域・在宅看護学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、地域・在宅看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、地域・在宅看護学特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究テーマ 参加型アプローチを用いた職場環境改善、参加型職場環境改善の評価、医療機関における産業保健、がんと就労両立支援
研究内容キーワード 参加型アプローチ、職場環境改善、看護ケアの質、看護ケアの評価、アクションチェックリスト、タイムスタディ、医療従事者、がんと就労、両立支援、participatory action-oriented training
主要所属学会

日本産業衛生学会

日本公衆衛生学会

日本看護科学学会

日本地域看護学会

日本産業精神保健学会

International Commission on Occupational Health

主要著書・論文

著書

トン・タット・カイ, 川上剛, 小木和孝著・吉川悦子, 小木和孝, 仲尾豊樹, 辻裏佳子, 吉川徹訳 (2016). これでできる参加型職場環境改善, 労働科学研究所.

高橋都, 森晃爾, 錦戸典子編.(2016). 企業のためのがん就労支援マニュアル. 労働調査会. (分担執筆)

吉川徹, 小木和孝. (2015). メンタルヘルスに役立つ: 職場ドック. 労働科学研究所. (分担執筆)

鳩野 洋子, 島田美喜編, (2014). 公衆衛生実践キーワード: 地域保健活動の今がわかる明日がみえる. 医学書院. (分担執筆)

荒木田美香子編. (2014). 公衆衛生看護活動〈2〉学校保健・産業保健. 医歯薬出版. (分担執筆)

河野 啓子監. (2014). 新版 すぐに役立つ産業看護アセスメントツール. 法研. (分担執筆)

産業安全保健ハンドブック. 労働科学研究所出版部. 2013. (分担執筆)

近藤信子, 萩典子編. (2012). 産業・精神看護のための働く人のメンタルヘルス不調の予防と早期支援. 金子書房. (分担執筆)

主要論文

Kogi K, Yoshikawa T, Kawakami T, Lee MS, Yoshikawa E. (2016). Low-Cost Improvements for Reducing Multifaceted Work-Related Risks and Preventing Stress at Work. Journal of Ergonomics, 6(1), 1-7.

堤明純, 小田切優子, 吉川徹, 吉川悦子, 原谷隆史. (2015). 職場のストレスリスクアセスメントツールの開発. 日本職業・災害医学会会誌, 63(1), 7-13.

善家雄吉, 梶木繁之, 吉川徹, 仲尾豊樹, 吉川悦子, 庄司卓郎, 福本恵三, 酒井昭典. (2015). 労働災害による難治性手外科関連外傷症例の発生予防に関する検討‐Expert Opinion Gathering Meetingの開催について‐. J UOEH Univ Occup Environ Health, 37(4), 313-318.

Kim YH, Yoshikawa E, Yoshikawa T, Kogi K, Jung MH. (2014). Utility of Action Checklists as a Consensus Building Tool. Industrial health, 53(1), 85-94.

Mizuno-Lewis S, Kono K, Lewis DR, Gotoh Y, Hagi N, Sato M, Yoshikawa E, Higashikawa K, Yamazaki M, Naito M, Kondo N.(2014). Barriers to continuing education and continuing professional development among occupational health nurses in Japan. Workplace health & safety, 62, 198-205.

吉川悦子. (2013). 参加型アプローチを用いた職場環境改善が職場・労働者にもたらすアウトカムに関する記述的研究. 労働科学, 89(2), 40-55.

吉川徹, 吉川悦子, 土屋政雄, 小林由佳, 島津明人, 堤明純, 小田切優子, 小木和孝, 川上憲人. (2013). これからの職場のメンタルヘルスの第一次予防 科学的根拠に基づいた職場のメンタルヘルスの第一次予防のガイドライン 職場のメンタルヘルスのための職場環境改善の評価と改善に関するガイドライン. 産業ストレス研究, 20(2), 135-145.

吉川悦子. (2013). 産業安全保健における参加型アプローチの概念分析. 産業衛生学雑誌, 55(2), 45-52.

吉川悦子, 吉川徹, 武澤千尋, 水野有希, 松田文子, 山村昌代, 酒井一博, 三浦稚郁子, 村上保夫. (2011).

インシデント発生時における看護師間の情報共有・伝達の特徴 作業観察中に発生した一事例からの考察. 労働科学, 87(2), 56-68.

吉川悦子,内藤堅志,飯田裕康,酒井一博,三浦稚郁子,村上保夫.(2010).心臓循環器専門病院CCUにおける一事例の作業観察による看護業務の実態と特徴.労働科学, 86(1), 19-32.