大学案内

日本赤十字看護大学 5つの魅力

人々のいのちを支える看護職者への道のりを照らし出す、日本赤十字看護大学での深く豊かな学び。学生の成長を促す、5つの魅力を紹介しましょう。

1. 少人数教育

人道=「一人ひとりを大切にする」を反映した教育

本学は開学以来、きめ細かく行き届いた指導体制が整っています。授業では一人ひとりの個性を大切にするグループワークを重視。学生同士や先生方との関わりのなかで、互いを尊重し合いながら高度な問題を解決していく力を養います。

カラム画像

カラム画像

カラム画像

2. 実習指導体制の手厚さ

高い実践能力をもった看護職者を輩出

本学では臨地実習に重きを置き、1年生から段階を追って実習経験を積み、4年生の看護学総合実習で総仕上げを行います。日本赤十字社医療センターをはじめとする実習施設と綿密な連携を図りながら、高い実践能力を持つ看護職者への成長を後押しします。

カラム画像

カラム画像

カラム画像

3. 豊かな国際性と災害救援看護職者の育成

海外での実践と国際交流

グローバルに活躍できる看護職者の育成を目指し、英語を中心とする語学教育に加えて、「国際看護学」の講義や演習、国際的に活躍する赤十字の活動を学ぶ「赤十字国際活動論」など、豊かな国際性を育むカリキュラムが豊富にそろっています。

被災地での支援実践

本学では、課外授業の一環として被災地での支援活動を行うとともに、災害静穏期におけるフィールドワークとして、地域住民と一緒に防災・減災を目指した地域防災活動に取り組んでいます。この活動を通して学生は自助・共助・公助の重要性を学ぶとともに、地域を自分たちの手で守る術を獲得していきます。また、病院防災訓練に模擬傷病者として参加する機会を設け、医師や看護職者が他職種と連携しつつ、傷病者の救護に当たる現場を学ぶことで、災害看護のあるべき姿を見ることができます。

4. 学生サポート

充実した支援システム

授業の質を向上させるために学生による授業評価制度を取り入れ、教員との円滑なコミュニケーションを図れるようオフィスアワーを設けるなど、学業面のサポートが充実しています。またクラス担任制度を採用し、生活面でもきめ細かいバックアップを行います。

5. 教育環境

赤十字関連施設に囲まれた広尾キャンパス

広尾キャンパスでは、赤十字関連の病院・福祉センター・乳児院などが集積し、恵まれた学びの環境を形成しています。日常的に赤十字の空気に触れながらその価値観が浸透していきます。すぐ近くには各国大使館や都立図書館がある有栖川公園もあり、散策や勉学にゆったりとした時間を過ごせます。

これだけではない!日本赤十字看護大学の魅力


図書館

日本赤十字看護大学図書館は、蔵書数約14万冊、看護系単科大学としては国内有数の充実した資料を持つ図書館です。120年以上の看護教育の歴史の中で蓄積されてきた図書と国内外の看護系学術雑誌のほか、看護学を支える哲学・心理学・教育学・経営学の図書など、大学院教育にも対応する専門性の高い図書が揃っています。近隣の大学と提携を行い、相互利用を推進しています。本学図書館にも、研究者や臨床看護師など学外から年間4000人の来館利用者を迎えています。


史料室

史料室では、1890年創立以来の赤十字の看護教育の歴史資料を収集・整理するとともに、研究者や一般の方々の利用やTVドラマの時代検証などの相談にも応じています。また大学1階フロアの展示コーナーでは、赤十字の看護教育や看護師の活動に関する展示を通じて、広く本学の歴史・建学理念の普及・啓発活動を図っています。