歴史と沿革

1890年の日本赤十字社における看護婦の養成開始に遡り、
長きにわたり日本の看護教育をリードしています。

日本赤十字看護大学のあゆみ

日本赤十字看護大学は、1890年(明治23年)に開始された日本赤十字社病院における看護婦養成を前身とし、日本赤十字女子短期大学を経て、1986年に4年制大学となり、1993年に大学院看護学研究科が認可され、日本赤十字学園初の修士課程が設置されました。そして、その完成年次を迎えると同時に博士課程を出発させることが出来ました。このように本学は、国内外の看護系大学の中で看護教育の先駆的役割を果たしています。

赤十字について

赤十字の人道主義や国際性を背景に、人々が豊かで平和に、
そして健康に生きる社会の創設に貢献できる人々を育てます。

日本赤十字看護大学は、1890年(明治23年)に開始された日本赤十字社病院における看護婦養成を前身とし、日本赤十字女子短期大学を経て、1986年に4年制大学となり、1993年に大学院看護学研究科が認可され、日本赤十字学園初の修士課程が設置されました。そして、その完成年次を迎えると同時に博士課程を出発させることが出来ました。このように本学は、国内外の看護系大学の中で看護教育の先駆的役割を果たしています。

日本赤十字社について

日本赤十字社は、1877年(明治10年)に発生した西南戦争の際に創立された救護団体である、博愛社がその前身となっています。現在の日本赤十字社は、1952年(昭和27年)に制定された日本赤十字社法に基づいて設置された法人です。
国内においては災害時の救護をはじめ医療、献血、福祉など幅広い分野の活動を行い、海外では大規模災害や紛争による犠牲者への救援、または開発途上国に対しては、人々の健康や災害対策などの向上をめざした開発協力を行っています。 現在の日本赤十字の活動は、9つに分けることができます。

1.国際活動

国際救援、開発協力、紛争や災害で離散した家族の安否調査、開発途上国の血液事業に関わる人材や国際援助に関わる人材の育成など、国際的なネットワークを活かし、共通の理念のもとに国境を越えて、人道的な活動を行います。

2.災害救護

地震や台風などの自然災害や航空機・列車事故等の高等災害などの被災者を救護します。
その他、医療事業、看護師等養成、血液事業、講習普及事業、青少年赤十字、赤十字ボランティアの育成、社会福祉事業を行っています。

3.赤十字の創始者

アンリー・デュナン
Henry Dunant

1828年5月8日、スイスのジュネーブで誕生。19世紀最大の激戦といわれたソルフェリーノの戦争で悲惨な負傷者を救うために尽力しました。これが世界中に反響を呼び、赤十字国際委員会の創設に結びつきました。また、1901年に最初のノーベル平和賞を受けています。

日本赤十字社のウェブサイトへ

校歌

校歌は、日本赤十字社医療センターの前身である日本赤十字社中央病院の当時、看護婦副監督杉山里つが師事していた恩師で、著名な歌人、佐々木信綱氏に作詞を依頼し、昭和31年(1956年)5月に「愛のともし火」と題する歌詞ができました。
作曲は佐々木氏の紹介により、信時潔氏に依頼し、昭和34年(1959年)3月24日に完成しました。 

日本赤十字看護大学校歌
愛のともし火

佐々木信綱 作詞
信時  潔 作曲

ささげもつ   愛のともし火
いただける   真白きキャップ(帽子)
尊く長き    歴史のもとに
社会の福祉に  奉仕すべく
ああ赤十字   吾らは誓う

仰ぎ見る    富士は久遠に
春秋の     ながめも清し
学びの窓に   日に日に学び
希望の花々   かざし持たむ
ああ赤十字   吾らは勉む

人類の     平和願いて
博愛の     精神を胸に
炎の中も    ほほえみ住かむ
救助を求むる  声を聞かば
ああ赤十字   吾らは進む