カリキュラムの特色

カリキュラム

1年次カリキュラム 2年次カリキュラム 3年次カリキュラム 4年次カリキュラム

授業形式

本学では、講義、演習、実験、実習という授業の形があります。各学年にさまざまな授業形式をおりまぜながら、各自が主体的に行動する力を身につけていきます。学期制 前期、後期の2学期制です。前期は4月、後期は10月から始まります。

学科目の構成

さいたま看護学部(大宮キャンパス)では、次の8つの力を卒業までに身につけることを重視してカリキュラムを構成しています。

「関係を築く力」「擁護する力」「実践する力」「探求する力」
「連携する力」「成長する力」「コミュニティに貢献する力」「変化を生み出す力」

学生がこれらの力をバランスよく身につけるために、カリキュラムは〈基礎科目群〉と〈看護専門科目群〉の2つの科目群で構成されています。

基礎科目群は、人間性を育むためのリベラルアーツを学び、幅広い視野から創造的思考力を身につけます。

看護専門科目群では、看護の基礎的知識や技術を学びながら、コミュニティの概念を理解し、そこで生活する人々の視点に基づいて健康問題を理解し、必要な看護援助を展開できる能力を身につけます。

学部長メッセージ

小宮敬子 教授

学部長

 さいたま看護学部は、2020 年4月に誕生したばかりの新しい学部です。1 学年の学生が80名ほど、全学年がそろっても400 人弱の小規模な学部ですが、小さなところならではの良さがあります。

 その一つは、「顔の見える」関係ができることです。学生同士、学生と教職員とが、すぐに顔見知りになって、かかわりあえるようになるはずです。

 看護の仕事には、「人とかかわる」ことが欠かせません。それは単に、人と仲良くなる、ということではないのです。世の中には、いろいろな感じ方や考え方、価値観を持った人がいます。時には、理解することがとても難しく、接することに疲れる場合もあるでしょう。そういう時でも、相手が看護を必要としているならば、かかわっていかなければなりません。そんな時に大事なのは、相手を理解しようとする姿勢や絶えざる対話です。それを学ぶことが看護の学習の第一歩となります。それには、ふだんのかかわり方が重要になるのです。
 
 「一人ひとりの学生を大切に」が本学のモットーです。これは、赤十字の理念である「人道(Humanity)」に基づいています。何か困ったこと、悩んでいることがあって、自分だけではどうしようもない時には、いつでも教職員に助けを求めてください。「ケアすることを学ぶには、誰かからケアされること」が必要です。それをぜひ、学生時代に経験してみてください。
 
 さいたま看護学部のカリキュラムの特色は、「コミュニティケア」です。これは、ケアを受ける当事者の視点にたって、地域に根ざしたケアを展開していくことです。これからの時代には、看護師だけがケアを提供するのではなく、当事者を含めたさまざまな人々と協働して、ともにケアのシステムを築いていくことが求められています。それには、若い学生の皆さんのフレッシュな感覚が大切です。

 さいたま看護学部で、これからの時代の看護を、一緒に創っていきませんか。