よくある質問(入試)

学部共通

入試について

  • 2021年度入試の出願方法を教えてください。

    一般・共通テスト利用型・公募推薦・赤十字特別推薦でWeb出願を実施します。詳細は以下のリンクよりご確認ください。
    なお指定校推薦については紙の願書での出願です。
    入試ハンドブックでもご案内していますので必要に応じて資料請求を行ってください。

    Web出願について

    ※クリックすると外部サイトに移動します。

    大学案内・入試ハンドブックの請求について

  • 募集要項の請求方法について教えてください。

  • 指定校推薦について教えてください。

    指定校推薦は、例年6月を目処に高等学校(中等教育学校)の校長先生宛に依頼状をお送りしています。通っている高校が指定校になっているかどうかは、担任の先生や進路指導室の先生に確認してください。

  • 支部長推薦について教えてください。

    支部長推薦は、2021年度入試から赤十字特別推薦に切り替わりました。詳細は入試概要ページからご確認ください。

    入試概要ページ:学校推薦型選抜

  • 出願期間中に入試の出願状況を知ることはできますか?

    ホームページに出願状況を速報値で掲載します。年度により変更になる可能性がありますので、詳しくはホームページをご覧ください。

  • 入試の合否判定に基準点を設けていますか?また、点数等は公表していますか?

    全ての入試において、合格基準点は設けていません。また、最高点・最低点・平均点等、入試の成績は公表していません。

  • 合格発表の方法について教えてください。

    学内掲示、合否照会サイト、合格通知等で発表します。選抜種別により合格発表方法は異なりますので、詳細は学生募集要項を確認してください。

  • 入試の補欠について教えてください。

    一般選抜と共通テスト利用型で補欠者が出た場合には、 合格発表日に合否照会サイトで発表し、本人宛に通知を発送します。掲示での発表は行いません。入学定員に欠員が生じた場合、繰上合格とし入学を許可することがあります。
    なお、補欠者の繰上合格状況はホームページで公表します。繰上合格を終了した場合には、4月上旬までにその旨を郵送で通知します。

  • 入試の選択科目によって、難易度や合格率に差がありますか?

    選択科目により出願者数は異なりますが、選択した科目によって不公平がないよう調整されています。過去問題集などを見て、自分の得意な科目で出願してください。

  • 一般選抜や共通テスト利用型Ⅰを受験した後、共通テスト利用型Ⅱに出願することは可能ですか?

    可能です。ただし、大学入学共通テストで必要な科目を必ず受験しておくことが必要です。共通テスト利用型Ⅱは他の入試と出願期間が異なりますので注意してください。

  • 検定料を振り込みましたが出願しませんでした。 検定料は返金していただけますか?/間違って検定料を2回振り込みました。検定料は返金していただけますか?

    一度納入された入学検定料は原則返還できませんが、次の事由のいずれかに該当し、入学検定料返還の願い出が受理された場合は、返還します。
    2回振り込んでしまった場合は、3.に該当しますので、返還します。なお、振込あるいは事務手数料については返還対象外です。
    該当する場合は、入試の試験日までに入試・広報係までご連絡ください。

    1. 入学検定料を納入したが、出願書類を提出しなかった。
    2. 入学検定料を納入し、出願書類を提出したが、出願が受理されなかった。
    3. 入学検定料を適正な額より多く納入した。
  • 面接はどのように行われるのですか?

    2021年度選抜と同様に2022年度選抜においても、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、個人面接のみの実施といたします。
    【学部受験生の方へ】2022年度入学者選抜におけるグループ討議の中止について
    一般選抜と学校推薦型選抜では、グループ討議と個人面接を行います。2020年度入学者選抜では、20〜30分程度の集団面接※(グループ討議)に続き、個人面接を行いました。集団面接は6~8名程度で、ひとつのテーマについて自由に話し合いをする形式でした。
    共通テスト利用型では本学での面接はありません。
    ※2020年度入学者選抜まで集団面接として実施していましたが、2021年度入学者選抜からグループ討議になりました。

  • 入学者選抜試験の成績開示はしていますか?

    本学では一般選抜の学科試験(面接は開示しません。)の成績を、不合格者の方を対象に開示します。申込方法や期間等は募集要項や本学HPで発表します。

  • 障がいがあっても受験できますか?

    本学に入学を志願する方で、障がいを有する等、受験上又は修学上特別な配慮を必要とする方はご相談に応じておりますので、本学入試・広報係へお問い合わせください。

  • 入試の際に宿泊先を紹介してもらえますか?

    本学から直接斡旋は行なっていませんが、本学生協が受験生向けの宿泊プランの紹介をしていますので、検討の際にご利用ください。次のリンクをご参照ください。

    受験生向けの宿泊プラン

  • 調査書はいつまでの成績が記載されていればいいですか?

    学校推薦型選抜:最終学年の1学期末(前期末)までの評価が記載された調査書を提出してください。
    一般選抜・大学入学共通テスト利用型選抜:出願する年度の10月1日以降に作成されたものを提出してください。卒業見込者の場合は、出願する年度の10月1日以降に作成され、最終学年1学期末(前期末)までの評価の記載があれば、2学期の評価の記載有無は問いません。

編入学制度について

  • 編入学制度は、どのような方を対象としたものですか?

    看護学部において3年次編入制度があります。本学では、看護系短期大学や3年制専門学校を卒業された(見込者含む)方を対象に、3年次への編入学試験を行っています。新しい時代に対応した看護専門職者の育成のため、短期大学や専門学校で学んだ知識を基に、能力のさらなる向上を図ることを目的としています。なお、高等学校専攻科など、文部科学大臣が指定した短期大学/3年制の専門学校以外の教育機関は本学のカリキュラムが3~4学年の2年間での卒業に対応していません。

  • 編入学生の修学と、卒業時の取得資格について教えてください。

    編入学できる学年は3年次のみで、修学年数は2年間です。卒業時には学士(看護学)の学位が授与されます。

    入学定員10名の内、入学後の選考を経て公衆衛生看護学科目の履修を許可された方(若干名)は、保健師国家試験の受験資格を得ることができます。

  • 編入学生の既修得単位認定について教えてください。

    85単位を限度として一括認定します。なお、看護系短期大学・専門学校等の卒業前後に、一般大学・短期大学・専攻科等を卒業された方についても、入学時に85単位を限度として単位認定します。入学後に看護系以外の大学等での既修得単位の認定申請を受け付けています。

  • 編入学生への教育上の配慮はありますか?

    専門科目については学部生と合同の授業を行いますが、多様な背景(年齢、既修の学習内容、臨床経験、志望動機等)を考慮し、一部の教養教育科目・英語・基礎ゼミの科目については、編入学生のみを対象とする少人数クラスの授業としています。

大学院

出願について

  • 大学院の受験を検討しているのですが、何から始めればいいか教えてください。

    まずは大学案内やホームページ等で関心のある課程・専攻・領域のページを読み、担当教員の研究業績やプロフィールなどを調べ、自分の学びたいこと・研究していきたいことが出来そうかを確認してください。その上でメール等で教員に連絡をとり、事前相談のアポイントをとってください。じっくり話し合ってから、受験するかどうかを決めることをお勧めします。

    大学院の概要や制度についてより詳しく知っていただくには、受験を検討する過程で「大学院説明会」に参加することをお勧めします。

  • 出願までの流れを教えてください。

    出願前に、必ず受験を希望する専門領域の指導教員との事前相談をお願いしています。出願を希望する専門領域を決定した後、その領域の指導教員にメール等で連絡を取り、事前相談の日を設定してください。連絡先はホームページの教員一覧からご覧いただけます。事前相談終了後、出願前に、出願する領域の研究指導教員から署名または捺印を受けた「事前相談報告票」を入試係に提出してください。不明な点は入試係(TEL:03-3409-0950)までお問い合わせください。
    ※2022年度入学者選抜におきましては、事前相談はオンラインで実施します。詳細はこちらをご確認ください。

    修士課程入試概要

    博士課程入試概要

  • 学生募集要項の入手方法を教えてください。

    入試概要ページに、学生募集要項および出願書類をPDFで掲載しますので、ホームページから入手してください。

    修士課程入試概要

    博士課程入試概要

  • 看護大学を卒業していなくても大学院の修士課程を受験できますか?

    看護系以外の大学ご出身でも、学士の学位を取得していれば出願資格に該当します。また、看護系の短期大学や専門学校を卒業され、一定の条件を満たし大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた場合には、受験が可能となります。

    それらに該当しない場合も、看護系の学校を卒業されていて看護師の資格を持ち、5年以上の実務経験がある場合には「個別入学資格審査」を受けて出願資格を得ることができます。

    修士課程入試概要

  • 日本の大学に在学中の留学生ですが、「外国人入試」がありますか?

    「外国人入試」はありません。

入試について

  • 筆記試験はどのような形式ですか?

    看護専門科目では、出願された領域に関する問題が出題されます。修士課程看護学専攻では、設問に全領域共通の問題も設けています。科目については各入試の概要を確認してください。

  • 大学院入試の過去問題は入手できますか?

    個別入学資格審査を除き、大学院入試の過去問題は本学図書館[広尾館]で閲覧・メモが可能です。図書館[広尾館]の開館日や利用時間はホームページでご確認ください。
    ※感染予防対策のため、図書館での過去問題の閲覧を中止しておりましたが、2021年4月1日から卒業・修了生、日赤関係者(本学退職者含む)限定で利用を再開しています。図書館をご利用できない方への代替措置として2020年10月8日(木)の来校分より大学事務局窓口での対応を行っています。窓口では過去問題の全文を閲覧できます。申し込み方法など詳細は以下のリンクよりご確認ください。
    事務局窓口での過去問題閲覧について
    ※複写(写真撮影およびSNS等へのアップロード、コピー等)は2020年4月1日から禁止とさせていただきました。(2020年7月1日更新)

    また、 以下の申込フォームからPDFでのダウンロードをご請求いただけます。
    ※著作権法によりオンライン上で非公開としている箇所があります。
    過去問題(大学院)申込フォーム
    図書館
    ※看護学部の過去問題集は無料で配布しています。また資料請求からの取り寄せも可能です。
    資料請求