大学院看護学研究科

大学院看護学研究科 概要

本大学院は、赤十字の理念である人道の精神に基づき、広く看護の実践と教育・研究に関する理論と方法を教授し、高度な看護専門職者としての深い学識及び卓越した能力、豊かな感性と人間性を培うことを通して、看護学の発展と深化に寄与すること、人びとの福祉とつながりを基盤とした文化の創造と発展に貢献することを目的としています。

教育目的

修士課程(看護学専攻・国際保健助産学専攻)
広い視野に立って深い学識を教授し、人間性を涵養するとともに、看護学における研究能力又は高度な専門性を必要とする看護職者としての高い能力を培うことを目的とする。

博士後期課程(看護学専攻)
看護学研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力及びその基礎となる幅広く豊かな学識を養うことを目的とする。

博士課程(共同災害看護学専攻)
看護学を基盤として、他の関連諸学問と相互に関連・連携しつつ、学術の理論および応用について産官学を視野に入れた研究を行い、特に災害看護に関してその深奥を極め、人々の健康社会の構築と安全・安心・自立に寄与することを目的とする。

教育目標

修士課程(看護学専攻・国際保健助産学専攻)
幅広い視点で看護の現象を捉え、人々の尊厳と権利を尊重した高い倫理観とともに、高度な看護実践能力や基礎的研究能力のもと、様々な課題を探求することで看護学の発展と人々の健康に貢献できる看護専門職を育成する。

博士後期課程(看護学専攻)
看護学における深い学識や高度な実践能力とともに、卓越した専門性と倫理観に基づき人々の健康に貢献しうる研究を自立して行う能力をもち、国際的・学際的に看護学の発展に寄与できる看護専門職を育成する。

博士課程(共同災害看護学専攻)
求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応し解決できる、学際的・国際的指導力を発揮するグローバルリーダーとして高度な実践能力を有した災害看護実践者並びに災害看護教育・研究者を養成することを目標とする。

3つのポリシー

大学院の特色

看護の専門性や研究能力をより高めたい方のために、日本赤十字看護大学大学院では、看護学専攻、国際保健助産学専攻、共同災害看護学専攻を設置しています。

高度実践看護師教育課程
専門看護師(CNS)コース

本大学院は、「がん看護」「小児看護」「慢性看護」「クリティカルケア看護」「老年看護」「精神看護」「在宅看護」「災害看護」の8分野が、日本看護系大学協議会から専門看護師38単位教育課程として認定されています。

READ MORE

社会人履修
働きながら大学院に行こう

大学院修士課程に、勤務しながら学びたい社会人を応援する履修形態があります。

READ MORE

専攻・領域

各領域でそれぞれのテーマを深く追究し、看護職のエキスパートを育成します。

授業・履修情報

修了後の進路

修了後の進路

修士課程修了者は、看護職、看護教員、その他(行政職、研究所研究員等)で活躍しています。博士課程へ進学する人もいます。博士後期課程修了者の多くは看護教員として、また、看護職や行政職としても活躍しています。

READ MORE

海外研修

海外研修

赤十字精神に則った国際性豊かな大学として、さまざまな国際交流のステージを設けています。

READ MORE

生涯学習

TA・RA制度について

ティーチング・アシスタント(TA)制度

大学院生の皆さんに、実践的トレーニングの機会を提供する制度です。学業の妨げにならない範囲で、担当教授の指導・助言のもとに学部学生に対する講義、実習、演習等の教育的補助業務を行い、手当てを受けることのできる制度です。自らの実践を振り返り、教育能力を高めるための機会ともなります。

リサーチ・アシスタント(RA)制度

博士後期課程の学生が、本学における研究活動の効果的推進、研究体制の充実及び若手研究者の研究遂行能力を育成することを目的とした制度です。RAは本学において実施される研究プロジェクト等に参画し、必要な研究補助を行います。TA同様に、手当てを受けることのできる制度です。自らの研究能力を高めるための機会にもなります。

よくある質問

大学院FAQ

みなさんから寄せられた大学院に関するご質問から主なものにお答えします。

READ MORE