大学案内

サポーター募金

日本赤十字看護大学サポーター募金の概要

ごあいさつ

皆様へ
 

 本学は、2016年に大学創立30周年を迎えました。その歴史を遡りますと、短期大学、専門学校、看護婦養成学校となり、礎となった日本赤十字社の看護師養成開始からは、約130年の年月が刻まれております。


 これまでに輩出された多くの卒業生・修了生は、看護職として国内外の保健・医療・福祉の分野等で活躍されております。これもひとえに皆様のご理解とご支援の賜物と、深く感謝申し上げます。


 大学創立30周年を機に、本学では、2017年4月から新たに「日本赤十字看護大学サポーター募金」を開始し、募金へのご賛同をお願いしております。


 今後、我が国は超高齢社会となり、これまで以上に質の高い看護職の育成が求められております。

 本学では、急激な社会変化にも柔軟に対応し、国内外で幅広く活躍できる有能な人材の育成を目指してまいります。

 学生の学びの環境をより一層充実していくため、多くの皆様からご支援を賜りますようお願い申し上げます。


                                   日本赤十字看護大学 学長
                                         守田 美奈子

募金主要目的

  本学の教育研究の推進、国際交流、教育環境の改善など

   1 教育研究のさらなる高度化、質の高い教育環境を整えます。

   2 国際機関としての赤十字の特徴を生かしながら、グローバルな人材育成のため国際交流の充実を

     図ります。

   3 施設・設備・機器、教育ツールなど教育環境の充実と整備を図ります。

寄付金額

  ・個人:一口 3千円

  ・法人:一口 1万円

募集開始

  平成29年4月

目標額

  年間1,000万円(毎年度継続募集)

税制上の優遇措置

  ・個人  1 税額控除制度

       2 所得税控除制度

  ・法人  特定公益増進法人に対する寄付に伴う損金算入措置

寄付者の顕彰

  1 寄付者芳名録を作成のうえ、日本赤十字看護大学の歴史に末永くご芳名を留めさせていただきます。

  2 高額寄付者(個人10万円以上、法人団体50万円以上)への感謝状贈呈

  3 各種講座・セミナーへのご案内

  4 各年度の募集実績と使途報告


【ご寄付に伴う個人情報の取り扱いについて】

  ご寄付により取得した個人情報につきましては、サポーター募金業務以外には使用いたしません。


 ・パンフレット

 ・申込用紙

 ・寄付金に対する税制上の優遇措置について