アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

入学者受入れの方針

修士課程 看護学専攻

本専攻では、幅広い視点で看護の現象を捉え、人々の尊厳と権利を尊重した高い倫理観とともに、高度な看護実践能力や基礎的研究能力のもと、様々な課題を探究することで看護学の発展と人々の健康に貢献できる看護専門職を育成することを目指しています。そのために、次のような学生を求めます。

  1. 看護をはじめとする実践で得た体験を大切にして、看護学の探究を志す人
  2. 赤十字の理念である人道(ヒューマニティ)に共感し、一人ひとりを大切にし、人々の尊厳
    を守る実践・教育・研究を志す人
  3. 自らの意見をもち、かつ柔軟に他者の意見に耳を傾けることのできる人
  4. 論理的にものごとを考え課題を探究する基礎的な力を有している人

上記の求める学生像に合致した入学者を受け入れることを目指し、次の選抜を実施します。

一般(学内選考・特別選考含む)
看護学専門領域において、実践者および教育・研究者をめざす者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。
なお、学習に必要となる英語の能力については、日本英語検定、TOEIC、TOEFL、国際連合公用語英語検定試験等のいずれかの公式スコアによって審査します。

社会人(学内選考・特別選考含む)
看護学専門領域において、実践者および教育・研究者をめざす看護職として3年以上実務経験のある者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

看護教育学・看護管理学 実践コース(学内選考・特別選考含む)
看護職として5年以上の実務経験のある看護教員および看護管理者、現任教育担当者で、幹部教員や認定看護管理者をめざす者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

修士課程 国際保健助産学専攻

本専攻では、幅広い視点で国際保健助産の現象を捉え、人々の尊厳と権利を尊重した高い倫理観とともに、高度な助産実践能力や基礎的研究能力のもと、様々な課題を探究することで国際保健助産学の発展と人々の健康に貢献できる専門職を育成することを目指しています。そのために、次のような学生を求めます。

  1. 看護をはじめとする実践で得た体験を大切にして、看護学の探究を志す人
  2. 赤十字の理念である人道(ヒューマニティ)に共感し、一人ひとりを大切にし、人々の尊厳
    を守ることを志す人
  3. 自らの意見をもち、かつ柔軟に他者の意見に耳を傾けることのできる人
  4. 論理的にものごとを考え課題を探究する基礎的な力を有している人
  5. 世界的視野からものごとを考えることを志す人
  6. 専門職者として人間形成を志す人

上記の求める学生像に合致した入学者を受け入れることを目指し、次の選抜を実施します。

研究コース
一般(学内選考・特別選考含む)
国内外の助産学・母性看護学あるいは母子保健学の領域において、実践者および教育・研究者をめざす、看護師免許取得もしくは取得見込みの者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。
なお、学習に必要となる英語の能力については、日本英語検定、TOEIC、TOEFL、国際連合公用語英語検定試験等のいずれかの公式スコアによって審査します。

社会人(学内選考・特別選考含む)
国内外の助産学・母性看護学あるいは母子保健学の領域において、実践者および教育・研究者をめざす看護職として3年以上の実務経験のある者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

実践コース
一般(学内選考・特別選考含む)
助産師資格取得に意欲のある看護師免許取得もしくは取得見込みの者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

社会人(学内選考・特別選考含む)
助産師資格取得に意欲のある看護職として3年以上の実務経験のある者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、母性看護学に関する学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

学内推薦
本学の学部在学生の中から助産師資格取得に意欲のある者に対して、指定された科目の成績等により書類選考するとともに、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

博士後期課程 看護学専攻

博士後期課程では、看護学における深い学識や高度な実践能力とともに、卓越した専門性と倫理観に基づき人々の健康に貢献しうる研究を自立して行う能力をもち、世界的・学際的に看護学の発展を牽引できる看護専門職を育成することを目指しています。そのために、次のような学生を求めます。

  1. 看護における現象を幅広い視点から省察し、看護学を探究できる人
  2. 赤十字の理念である人道(ヒューマニティ)に共感し、高い倫理観をもち、人々の尊厳と権
    利を擁護できる人
  3. 看護学の発展に寄与する研究に取り組むための基礎的な力を有している人
  4. 世界的・学際的視野から、ものごとを探究することを志す人
  5. 新規性のあるテーマや課題に挑戦する意欲を有している人

上記の求める学生像に合致した入学者を受け入れることを目指し、次の選抜を実施します。

一般(学内選考含む)
修士の学位取得見込み者又は修士の学位を有し、看護学の研究者をめざす者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

社会人(学内選考含む)
看護職として3年以上の実務経験をもち、修士の学位を有し、看護学の研究者をめざす者に対して、提出された成績証明書等により書類選考するとともに、看護専門科目における学力検査、面接試験によって意欲および修了可能性について審査します。

博士課程 共同災害看護学専攻

災害看護グローバルリーダー養成を目的としていることから、入学者受入の方針は以下に示すとおりとします。

  1. 災害看護グローバルリーダーとしてのビジョンを持っていること
  2. 災害看護グローバルリーダーとしての活動にコミットメントでき、その能力を伸ばしていけること