地域看護学領域

地域看護学領域 概要

地域看護学は、地域包括ケアシステム構築の中での、在宅看護、退院支援、公衆衛生看護、多職種連携といったキーワードで、地域全体における看護の役割を考えていくことを学問的に探求していきます

地域看護のおもしろさは、対象が個人、家族、グループ、組織、地域社会と多岐に渡ること、また、社会情勢や制度・政策の動きや地域特性を考慮した看護的アプローチを展開していくことです。このおもしろさを学問的に追求するために、量的研究方法や質的研究方法を用いて、研究する力と実践する力を高めることを教員一同全力でサポートします。2025年の超高齢化社会を迎えるにあたって、看護師・保健師が力を合わせて地域での看護を展開していくことのおもしろさを共有しましょう。

平成27年度から在宅看護CNSコース(38単位)がスタート!!

在宅看護CNSコース(38単位)は、2012年に認定がはじまった社会的ニーズの高い分野です。本コースは、訪問看護だけでなく、退院支援や外来看護なども含む地域全体で活躍できる人材育成をめざしています。地域における看護を開拓する先駆者となりませんか。仲間や教員と意見交換しながら、一緒に成長していきましょう。関心のある方は、地域看護学の教員にお気軽にご相談ください。

研究指導教員

石田 千絵

教授

吉川 悦子

准教授

領域の特色

地域看護学領域のカリキュラムの紹介

修士課程

地域・在宅看護学特講では、在宅療養者の看護計画の立案と実践・評価を含めた在宅看護過程の展開、保健医療福祉の諸制度やケアマネジメント、多職種連携、地域看護学に関する理論やモデル、公衆衛生看護学などをキーワードに、地域で生活するあらゆる発達段階、さまざまな健康レベルの対象者・家族、集団、組織に対する支援について、研究の基盤となり、高度な看護実践への示唆となる科目を設けています。研究コース、CNSコースともに自らの研究テーマを探索し、修士論文に取り組みます。

在宅看護CNSコース(38単位)は2012年度に認定が始まった新しい分野です。本学では、2015年度から在宅看護CNSコースを開設し、在宅看護だけでなく、退院支援や外来看護なども含めた地域包括ケアの中でリーダーシップを発揮する専門看護師を育成するカリキュラムを提供しています。

博士後期課程

博士後期課程では、看護学の探求者として、地域で生活するあらゆる健康レベル、発達段階の対象者のQOL向上に資する研究を主体的に自立して実践できることを目指します。博士後期課程の院生は、臨床現場や教育の場で仕事を継続しながら在籍している者も多く、互いに刺激を受けながら研究に取り組んでいます。

研究活動

地域看護学領域では、修士課程に研究コースとCNSコースの両方の学生が在籍しており、ともに学びあっています。そして博士課程の学生、教員も含めた相互交流を重視した学びの場や研究活動を大切にしています。博士課程では、学生・教員・外部の専門家との交流を重視した、実践的かつ幅広い学び・研究活動の場を用意し、切磋琢磨しています。

修士課程で行われている演習(地域・在宅看護学演習Ⅳ)の紹介

一般社団法人だんだん会での演習

地域・在宅看護演習Ⅳでは、「地域づくり」の実際を学びます。今夏は、山梨県北杜市で「地域づくり」を実践されている「一般社団法人だんだん会」にて2日間の演習を実施しました。演習を通して、地域には人と人とがつながり、地域の人々の生きがいとなる場所が必要であることを再認識しました。そして、住民の主体性を支援することの重要性、看護職としての役割について熟考し、学ぶことができました。座学では学べない実践を学ぶことができます

暮らしの保健室、坂町ミモザの家での演習

訪問看護を通じて感じた個々のニーズから「暮らしの保健室」や「坂町ミモザの家」のような地域の課題解決を目指したサービスへと発展した過程を、実際に現地を訪問しながらその場の雰囲気に身を置きながら学ぶことができました。

認知症カフェでは当事者の語りから、互助の重要性を実感しました。地域住民との協力関係や、医療・福祉の多職種にとどまらず行政職・ボランティアの方々との連携で成り立つことも多くあります。超高齢社会の日本の暮らしに、看護職として何をすべきかを問い直す体験ができました。

修士課程・博士課程合同のフィールドワーク

地域看護学領域の博士課程と修士課程の学生6名でマギーズ東京を訪問しました。マギーズ東京は、がんになった人とその家族や友人がとまどい孤独なとき、自分自身の力を取り戻すための場として、英国のマギーズセンターのコンセプトに沿って建築され、2016年に開設されました。そこは、疾病の有無に関わらず立ち寄れ、自分が背負う心の荷物をふと下ろすことが出来る、優しい安心を感じられる空間でした。それを可能にしていたのは、スタッフやボランティア皆様の心のこもった出迎えと、心地良く過ごせるようにと、さりげなくもタイミングがはかられた気遣いや傾聴でした。マギーズ東京の演習に参加し、私達自身が癒される体験とケアリングとは何かについてあらためて学ばせていただきました。

在宅における実践的な事例研究会

修士課程の演習科目、地域・在宅演習Ⅲから派生した実践的な事例研究会では、開業医による在宅療養事例をベースに、地域看護学領域だけでなく、領域を超えた院生との実践的な意見交換の場を定期的に実施しています。在宅での終末期、急変事例やペインコントロール、認知症など、さまざまな状況の中で、在宅療養者・家族が安全で安楽な生活を送ることができるためのキュアとケアを統合した高度な看護実践能力の醸成を目指しています。

院生・修了生の活躍

石川孝子 岩原由香

地域看護学領域博士後期課程

二人とも修士課程からそのまま博士に進んだわけですが、地域看護学領域の魅力って何だと思いますか。

石:一言でいうと「研究するための土壌が整っている」ということに尽きると思います。領域の先生の研究に参加させていただく機会があり大規模調査ができたり地域で実践している看護職の人たちと一緒に研究ができたりします。そして、学会発表も先生方や地域の第一線で活躍する看護職の皆さんと一緒にできます。

岩:修士や博士の学位を取ることはもちろんですが、その後に、科学者の卵、研究者の卵としてやっていくために、何をどのように見て、考えていけばよいかということが学べると思います。

石:ゼミには領域の先生方も一緒に参加し、自分たちの研究について発表されるので、研究方法やプレゼンテーションの方法について学んでいくことができます。

岩:私は、修士では質の研究を行ったのですが、量の研究のエキスパートの先生方の発表を聞くことで、量の研究についても学ぶことができました。

石:研究のサポート体制も整っており、つまづいたときに、先生からいただいた優しいメールをみると今でも感動します。

岩:院生一人一人の意見を大切にしてくださり、どのような研究をしていきたいのかということについて、一緒に考えてくれます。

石:個性豊かで魅力的なメンバーがそろっており、アットホームで居心地の良い雰囲気です。

岩:一緒にいて楽しい人たちが多いのが特徴だと思います。

梅津 千香子

2014年度修士課程修了生

私は、大学病院の病棟看護師、看護師養成学校の臨地実習担当教員として、主に慢性疾患を持つ患者様のセルフケア支援をしてきました。退院後も継続して医療を要する患者様と介護を担うご家族への支援を通して、看護職が受けとめている現状と実際の患者様、ご家族のニーズとの間に差があるように感じました。目の当たりにした疑問を解決して、看護者が患者様やご家族の状況を正確に把握し、適切な看護支援を提供できるようにしていきたいと思い、大学院へ進学しました。大学院では、退院後も病気を持ちながら地域で生きる人々の生活と看護のあり方を見つめ、探究したいという思いから地域看護学領域を専攻しました。先生方の的確なアドバイスをいただいて、この先も取り組んでいきたい研究テーマを定めることができました。修士課程修了後は、大学の看護学部で助手として働いています。大学で主に担当している臨地実習指導では、病院の取り組みや地域の特性をクリティカルに捉えるようになり、クライアントの状況に応じて支援を提供する視野が広がったと感じています。また、修士課程で研究した内容を学術論文として投稿するためにさらに分析を進めています。今後も保健医療福祉を必要とする人々が希望する住み慣れた場所で日常生活を過ごすために、看護職として現状の課題把握とその解決に向けて研究方法を学び、医療提供体制の構築に貢献していけよう研鑽し続けていきたいと思っています。

学位論文テーマ

博士論文テーマ

  • 高齢者が希望する在宅看取りを実現する要因
  • 訪問看護師による終末期がん患者とその家族への死亡場所の意思決定支援: 訪問看護師の視点から
  • 顔の見える関係強化に焦点を当てた訪問看護師と介護支援専門員の連携促進プログラムの開発
  • 認知症とともに生きる高齢者の体験
  • COPD患者の終末期における訪問看護師の支援

修士論文テーマ

  • 訪問看護師の「寄り添う」体験
  • 訪問看護師が行う心不全患者の在宅療養継続に関する臨床判断
  • 訪問看護師が行う地域づくりの実際
  • 退院支援看護師との連携がうまくいくための病棟看護師の退院支援における役割
  • 日常的に医療的ケアを必要とする小児慢性特定疾病がある子どもの地域生活における支援ニーズの実態
  • 積極的治療の適応外となってきた悪性リンパ腫患者に対する病棟看護師の意思決定につなぐかかわり
  • 高齢者の終末期在宅療養生活における訪問看護師がかかわる場づくりと家族支援
  • 急性期病棟看護師が持つべき全人的に患者をアセスメントするための視点を身につけることへつながった過程-退院支援に着目して-
  • 在宅酸素療法導入患者の退院支援における連携・退院後の状況把握・看護師満足度に関連する要因の検討
  • 認知症独居高齢者の在宅生活継続のための地域包括支援センター看護職のかかわり
  • 都市部在住市民における終末期療養場所の意思決定に関連する要因:年代別比較
  • 後期高齢者夫婦二人暮らしの介護継続の様相―介護破綻と孤立化の危険性に焦点をあてて-
  • がん終末期患者の看取りにかかわる訪問看護師の認識-勤務継続につながる認識に焦点をあてて-