ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

修了認定・学位授与の方針

本大学院では、次の能力を修了までに身につけることを重視し、厳格な成績評価を行い、所定の単位を修得した学生に修了を認定し、学位を授与します。

修士課程 看護学専攻

修士課程に所定の期間在学し、修了要件となる単位数を修得するとともに、学位論文審査及び最終試験に合格し、以下の能力を獲得し、かつそれらを統合して発揮できる能力を有する人に、学位(修士(看護学))を授与する。

  1. 看護における課題を知識と経験から得た根拠に基づき、分析する能力
  2. 人々の尊厳と権利を擁護するために、倫理的課題を多角的に分析し、対応する能力
  3. 他者との相互作用を通して、自己を内省し、新たな行動につなげる能力
  4. 既存の知見を体系的に収集し、批判的に吟味し、統合する能力
  5. 研究課題を見出し、研究計画を立案し、研究を遂行し、論文として知見をまとめる能力
  6. 多職種と協働し、必要に応じて専門職としてのリーダーシップを発揮する能力
  7. 国内外の社会変化、研究知見、実践の動向を把握する能力

 

研究・教育者を目指す人は、1~7に加え、以下の能力を身につけている。

  • 専門分野の知見を掘り下げ、自らの研究課題から得た知見を体系づける能力
  • 専門分野の知見の発展に向け、新たな知見を探究する能力
  • 専門分野の知見を、看護学教育の講義、演習、実習等に活用する能力
  • 自ら取り組んだ研究課題とその成果を、さらに探究していく能力
  • 看護学を志す人の成長をはぐくみ、自らも成長していく能力
  • 看護研究・教育上の課題の解決に向けて、リーダーシップを発揮し、変革者となる能力

 

専門看護師を目指す人は、1~7に加え、以下の能力を身につけている。

  • 専門分野の実践上の課題に対し、根拠に基づいて対応する能力
  • 専門分野におけるより複雑な現象に対応する能力
  • 専門分野におけるより複雑な倫理的な課題に対応する能力
  • 実践上の課題を解決するために、多職種との間で連携・調整する能力
  • 専門分野におけるスタッフの成長をはぐくむ教育能力
  • 必要な新しいしくみを開発し、リーダーシップを発揮し、変革者となる能力

 

看護教育または看護管理の実践者を目指す人は、1~7に加え、以下の能力を身につけている。

  • 看護教育または看護管理分野の知識・技術を活用し組織を主体的に運営する能力
  • 看護教育または看護管理分野におけるより複雑な倫理的課題に対応する能力
  • 看護教育または看護管理分野の質向上のために、組織内外の人々と連携・調整する能力
  • 看護教育または看護管理に携わる人の成長をはぐくみ、自らも成長していく能力
  • 看護教育または看護管理上の課題を解決するために新しいしくみを開発し、変革を牽引する能力

修士課程 国際保健助産学専攻

修士課程に所定の期間在学し、修了要件となる単位数を修得するとともに、学位論文審査及び最終試験に合格し、以下の能力を獲得し、かつそれらを統合して発揮できる能力を有する人に、学位(修士(看護学))を授与する。

  1.  実践における現象から課題を抽出し、幅広い視点から分析する能力
  2.  人々の尊厳と、権利を擁護するために、倫理的課題を多角的に分析し、対応する能力
  3.  他者との相互作用を通して、自己を内省し、他者との関係性を築く能力
  4.  既存の知見を吟味して研究課題を見出し、研究を遂行し、論文としてまとめる能力
  5.  実践における課題に対して、根拠に基づいて支援を遂行する能力
  6.  多職種と協働し、必要に応じて専門職としてのリーダーシップを発揮する能力
  7.  世界的視野から国内外の社会変化、研究知見、実践の動向を把握する能力
  8.  変動する社会に対応し、専門職として自己成長し、専門領域の発展に寄与する能力

研究・教育者を目指す人は、1~8に加え、以下の能力を身につけている。

  • 国際保健助産学分野の知見を掘り下げ、自らの研究課題から得た知見を体系づける能力
  • 国際保健助産学分野の知見の発展に向け、新たな知見を探究する能力
  • 国際保健助産学分野の知見を、教育の講義、演習、実習等に活用する能力
  • 国際保健助産学分野で自ら取り組んだ研究課題とその成果を、さらに探究していく能力
  • 国際保健助産学を志す人の成長をはぐくみ、自らも成長していく能力
  • 国際保健助産学分野の課題の解決に向けて、専門職としてリーダーシップを発揮し、変革者となる能力

助産師を目指す人は、1~8に加え、以下の能力を身につけている。

  • 助産学分野の実践上の課題に対し、根拠に基づいて倫理的に対応する能力
  • 助産学分野における高度実践能力遂行のための基礎的能力
  • 助産学分野の研究課題を見出し、研究計画を立案し、課題研究を遂行する能力
  • 助産学分野の実践上の課題を解決するために、多職種と協働する基礎的能力
  • 助産学分野の実践上の課題を解決するために必要なしくみを探究し、資源を活用、調整する基礎的能力
  • 助産学分野の課題の解決に向けて、専門職としてリーダーシップを発揮し、変革者となる基礎的能力

博士後期課程 看護学専攻

博士後期課程に所定の期間在学し、修了要件となる単位数を修得するとともに、学位論文審査及び最終試験に合格し、以下の能力を獲得し、かつそれらを統合して発揮する能力を有する人に、学位(博士(看護学))を授与する。

  1. 看護における現象を深い学識をもとに捉え、看護学の発展に向けた課題を明らかにする能力
  2. 人々の尊厳と権利を擁護するために、複雑な倫理的課題を俯瞰的・批判的に分析し、新たな方略を提言する能力
  3. 看護学の発展に寄与する研究を独立して推進する能力
  4. 研究成果を公表・提言し、実践に還元する能力
  5. 学際的に協働し、リーダーシップを発揮し、社会の変革に挑戦する能力
  6. 世界的視野から新規性のある課題に挑戦し、発信する能力

 

博士課程 共同災害看護学専攻

博士課程共同災害看護学専攻に所定の期間在学し、修了要件となる単位数を修得するとともに、博士論文の審査及び最終試験に合格し、以下の要件を満たす者に学位を授与する。学位の名称は、博士(看護学)とし、Disaster Nursing Global Leader を付記する。

  1. 人間の安全保障を理念として、いかなる災害状況でも「その人らしく健康に生きる」ことを支援することができる能力を有している。
  2. 災害サイクル諸局面において「健康に生きるための政策提案」に取り組むことができる能力を有している。
  3. グローバルな視点から安全安心社会の実現に向けて、産学官との連携を築き、制度やシステムを変革できる能力を有している。
  4. 学際的な視点、国際的な視点から災害看護学を構築し、災害看護学を研究開発できる能力を有している。