遠藤 花子

遠藤 花子

遠藤 花子

職名
講師
領域
外国語
専門分野
イギリス文学・文化
E-mail
h-endo@redcross.ac.jp
リサーチマップ
遠藤 花子ポータルサイト

プロフィール

学歴
実践女子大学大学院 文学研究科修士課程(英文学専攻) 修了
リーズ大学大学院 イギリス・ルネサンス文学専攻修士課程 修了
学位
修士(英文学)(実践女子大学)
MA in Renaissance Literature (University of Leeds)
主要職歴
実践女子大学文学部英文学科 助教
日本赤十字看護大学看護学部 非常勤講師
担当授業科目
【学部】
英語R1-1、英語R1-2、英語W2-1、英語W2-2、英語LS2-1、英語LS2-2、英語文献を読むⅠ・Ⅱ、基礎ゼミⅠ・Ⅱ、研究Ⅰ・Ⅱ
研究テーマ
イギリス文学と医学、シェイクスピア
研究内容キーワード
シェイクスピア、英語圏の演劇、西洋医学史
主要所属学会
国際融合文化学会
日本英文学会
日本シェイクスピア協会
日本医史学会
日本ギャスケル協会

主要著書・論文

著 書

多比羅眞理子編(2016). ギャスケル中・短編小事典. 開文社出版株式会社 (遠藤花子担当: 17. 「呪われた民族」 (pp. 76-79), 21. 「グリフィス一族の運命」 (pp. 92-95), 32. 「クロウリー城」 (pp. 136-39), 「ギャスケル研究書一覧」 (pp. 149-55))

論 文

Hanako Endo (2016). Illyria as the Carnivalesque State: Twelfth Night and the Consumption of Alcohol. アレーテイア, 31, 57-71.
遠藤花子 (2016). Gaskell の医学への期待―North and SouthSylvia’s LoversWives and Daughters から見る医学の進歩. ギャスケル論集, 26, 41-54.
Hanako Endo (2015). Tudor Medicine Chests: The Use of Chests in Daily Life and in the Plays of Shakespeare. アレーテイア, 30, 51-63.
遠藤花子 (2014). ギャスケル初期小説における医者. アレーテイア, 29, 63-75.
Hanako Endo (2013). The Tragedy and Alcoholism in King Henry IV, Part 2. アレーテイア, 28, 31-43.
遠藤花子 (2013). 『から騒ぎ』再読―戦争帰還者の精神的病と回復. 実践英文学, 65, 21-35.
Hanako Endo (2012). Apothecary and Paracelsian Medicine in Romeo and Juliet. アレーテイア, 27,103-13.
遠藤花子 (2012). シェイクスピアの宮廷医師―ガレノス医学の実体と限界. 実践英文学, 64, 47-60.
Hanako Endo (2011). Doctor Pinch の偽医者業―『間違いの喜劇』における笑い. アレーテイア, 26, 77-89.
遠藤花子 (2011). 『能: リア王』の魅力―薬草による浄化―. 融合文化研究, 16, 35-37.
Hanako Endo (2011). Fairies in the Elizabethan Court Literature. 実践女子大学文学部紀要, 53, 32-40.
遠藤花子 (2011). 『ヴェローナの二紳士』における旅. 実践英文学, 63, 3-17.
Hanako Endo (2010). Humours and Characters in Antony and Cleopatra. アレーテイア, 25, 67-80.
Hanako Endo (2010). What do you mean by ‘Shakespeare’s Hamlet’? 実践女子大学文学部紀要, 52, 22-33.
遠藤花子 (2010). Wilde の “The Truth of Masks” から見たパフォーマンスにおける Macbeth の魔女考察. 実践英文学, 62, 105-118.
Hanako Endo (2009). The Use of the French Pox in Measure for Measure. アレーテイア, 24, 57-70.
Hanako Endo (2009). Cerimon as a Heterodox Early Modern Physician in Pericles. 実践英文学, 61, 35-46.
Hanako Endo (2008). All’s Well that Ends Well as the Representation of Early Modern Medicine. アレーテイア, 23, 61-74.
Hanako Endo (2008). Shakespeare’s Manipulation of Songs and the Theory of Boethius―CymbelineThe Winter’s Tale, and The Tempest. 実践英文学, 60, 29-44.