喜多 里己

喜多 里己

喜多 里己

職名
教授
領域
母性看護学
専門分野
助産学母性看護学
E-mail
s.kita@redcross.ac.jp
リサーチマップ
喜多 里己ポータルサイト

プロフィール

学歴
日本赤十字看護大学大学院看護学研究科(母性看護学専攻)修士課程修了
学位
看護学修士
主要職歴
山田赤十字病院(現 伊勢赤十字病院)
日本赤十字社医療センター
日本赤十字社助産師学校
日本赤十字看護大学、現在に至る
担当授業科目
【学部】
看護援助論Ⅲ(感染防御と清潔)、発達看護学概論、コミュニティ論Ⅱ、コミュニティ演習、発達看護学Ⅰ(リプロダクティブ・ヘルスと看護①)、発達看護学Ⅰ(リプロダクティブ・ヘルスと看護②)、応用看護学特論Ⅱ、研究方法論Ⅰ、研究Ⅰ・研究Ⅱ、看護技術論Ⅰ(援助的人間関係)、健康レベル別看護学演習Ⅱ、発達看護学Ⅰ(リプロダクティブ・ヘルスと看護)実習、コミュニティケア実習Ⅰ、看護学総合実習
【大学院】
ウィメンズ・ヘルス・プロモーション演習ⅠⅡ
研究テーマ
助産師の卒後教育、災害発生時の妊産婦支援、災害拠点病院における助産師の活動、開業助産師の活動
研究内容キーワード
新人助産師、助産教育、災害母子、開業助産師
主要所属学会
日本助産学会
日本看護科学学会
日本災害看護学会
日本母性衛生学会
日本赤十字看護学会

主要著書・論文

論文

谷口千絵・喜多里己(2019).東日本大震災時の災害拠点病院における赤十字の病院助産師と派遣助産師の協働.日本赤十字看護学会誌, 19(1), 21-29.
喜多里己・谷口千絵・千葉邦子・小原真理子・奥津啓子・橋本優子(2016).東日本大震災以前の東京都災害拠点病院産科棟における災害時の備えの実態, 日本災害看護学会誌, 18(2),11-23.
喜多里己・谷口千絵・村上睦子(2010).妊娠期からの骨盤底筋機能不全予防アプローチ(ド・ガスケアプローチ)の日本女性への活用性の検討, 日本赤十字看護大学紀要, 24, 77-86.
村上明美・喜多里己・神谷桂(2008).産褥早期の母親に対する癒すケアが産後の疲労と母乳育児に及ぼす影響, 日本助産学会誌, 22(2), 136-145.
谷津裕子・喜多里己・平澤美恵子(2008).周産期看護の倫理的問題に関する事例検討会でのファシリテーター体験, 日本赤十字看護大学紀要, 22, 61-70.
喜多里己・谷津裕子・新田真弓・神谷桂・平澤美恵子(2007).周産期医療における倫理的問題に関する看護者の学習体験-継続的なグループディスカッションを通して-, 日本赤十字看護大学紀要, 21,14-23.
喜多里己・村上明美(2205).赤十字関連施設における新人助産師のリアリティショックの実態と助産教育背景および現任教育における指導体制との関連, 日本赤十字看護大学紀要, 19,35-44.