学納金(大学院)

大学院(学納金等)

2020年度・2021年度入学生 学納金等一覧

修士課程 看護学専攻・国際保健助産学専攻

費目/学年 1年次 2年次
学納金 入学金 400,000
授業料 1,200,000 1,200,000
実験実習費 150,000 150,000
維持運営費 150,000 150,000
1,900,000 1,500,000
その他の費用 傷害・総合保険料 4,500 4,500
合計 1,904,500 1,504,500

(単位:円)

長期履修制度における納付金額一覧

修士課程看護学専攻、国際保健助産学専攻(研究コース)のみ適用

費目/学年 1年次 2年次 3年次
学納金 入学金 400,000
授業料 830,000 830,000 830,000
実験実習費 100,000 100,000 100,000
維持運営費 100,000 100,000 100,000
1,430,000 1,030,000 1,030,000
その他の費用 傷害・総合保険料 4,500 4,500 4,500
合計 1,434,500 1,034,500 1,034,500

(単位:円)

  1. 授業料、実験実習費、維持運営費は、年額の2分の1に分割し、前期分・後期分として納入することが可能です。
  2. 休学が前期または後期の全期間にわたる者については、当該学期の学納金に替えて、在籍料として当該学期ごとに5万円を納付しなければなりません。なお、学期の途中で休学した場合は、当該学期の学納金は全額納付しなければなりません。
  3. 傷害・総合保険(日本看護学校協議会共済会「Will」)は、学生の学内外における大学の正規授業や課外活動等での事故等に対応した保険です。この保険は学生全員が加入します。なお、保険料は延納できませんので、納入期日(毎年4月末)までに納入してください。
  4. 長期履修制度による入学者該当:3年間で必要な単位を修得できず、4年目(最終年)も在籍することになった場合、4年目は、通常履修の1年分の学納金等(学納金150万円、保険料4,500円)を納付することになります。
  5. その他、履修する科目に教科書が指定されている場合は別途教科書代が必要となります。(各自、本学生協等にて購入)
  • 入学辞退の申し出があった場合においても、入学金は返還しません。
  • 上記の学納金等は、事情により改定する場合があります。

博士後期課程 看護学専攻

 

費目/学年 1年次 2年次 3年次
学納金 入学金 400,000
授業料 1,200,000 1,200,000 1,200,000
実験実習費 150,000 150,000 150,000
維持運営費 150,000 150,000 150,000
1,900,000 1,500,000 1,500,000

その他の費用

傷害・総合保険料 4,500 4,500 4,500
合計 1,904,500 1,504,500 1,504,500

(単位:円)

  1. 授業料、実験実習費、維持運営費は、年額の2分の1に分割し、前期分・後期分として納入することが可能です。
  2. 休学が前期または後期の全期間にわたる者については、当該学期の学納金に替えて、在籍料として当該学期ごとに5万円を納付しなければなりません。なお、学期の途中で休学した場合は、当該学期の学納金は全額納付しなければなりません。
  3. 傷害・総合保険(日本看護学校協議会共済会「Will」)は、学生の学内外における大学の正規授業や課外活動等での事故等に対応した保険です。この保険は学生全員が加入します。なお、保険料は延納できませんので、納入期日(毎年4月末)までに納入してください。
  4. 標準修業年限(3年)を超える在学者のうち、所定の単位を修得し、かつ、博士論文研究計画書審査に合格している者は、学納金については、年額50万円の授業料のみの納付となります。
  5. その他、履修する科目に教科書が指定されている場合は別途教科書代が必要となります。(各自、本学生協等にて購入)
  • 入学辞退の申し出があった場合においても、入学金は返還しません。
  • 上記の学納金等は、事情により改定する場合があります。

博士課程 共同災害看護学専攻

費目/学年 1年次 2年次 3年次 4年次 5年次
学納金 入学金 400,000
授業料 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000
実験実習費 150,000 150,000 150,000 150,000 150,000
維持運営費 150,000 150,000 150,000 150,000 150,000
1,900,000 1,500,000 1,500,000 1,500,000 1,500,000
その他の費用 傷害・総合保険料 4,500 4,500 4,500 4,500 4,500
合計 1,904,500 1,504,500 1,504,500 1,504,500 1,504,500

(単位:円)

  1. 授業料、実験実習費、維持運営費は、年額の2分の1に分割し、前期分・後期分として納入することが可能です。
  2. 休学が前期または後期の全期間にわたる者については、当該学期の学納金に替えて、在籍料として当該学期ごとに5万円を納付しなければなりません。なお、学期の途中で休学した場合は、当該学期の学納金は全額納付しなければなりません。
  3. 傷害・総合保険(日本看護学校協議会共済会「Will」)は、学生の学内外における大学の正規授業や課外活動等での事故等に対応した保険です。この保険は学生全員が加入します。なお、保険料は延納できませんので、納入期日(毎年4月末)までに納入してください。
  4. 標準修業年限(5年)を超える在学者のうち、所定の単位を修得し、かつ、Qualifying Examinationの審査に合格している者は、学納金については、年額50万円の授業料のみの納付となります。
  5. その他、履修する科目に教科書が指定されている場合は別途教科書代が必要となります。(各自、本学生協等にて購入)
  • 入学辞退の申し出があった場合においても、入学金は返還しません。
  • 上記の学納金等は、事情により改定する場合があります。

2019年度以前入学生 学納金等一覧

修士課程 看護学専攻・国際保健助産学専攻

費目/学年 1年次 2年次
学納金 入学金 400,000
授業料 1,200,000 1,200,000
実験実習費 150,000 150,000
維持運営費 150,000 150,000
1,900,000 1,500,000
その他の費用 学生教育研究
災害傷害保険料
1,440
(2年分)
合計 1,901,440 1,500,000

(単位:円)

長期履修制度における納付金額一覧

修士課程看護学専攻、国際保健助産学専攻(研究コース)のみ適用

費目/学年 1年次 2年次 3年次
学納金 入学金 400,000

授業料 830,000 830,000 830,000
実験実習費 100,000 100,000 100,000
維持運営費 100,000 100,000 100,000
1,430,000 1,030,000 1,030,000
その他の費用 学生教育研究
災害傷害保険料
1,440
(2年分)
820
(1年分)
合計 1,431,440 1,030,000 1,030,820

(単位:円)

  1. 授業料、実験実習費、維持運営費は、年額の2分の1に分割し、前期分・後期分として納入することが可能です。
  2. 休学が前期または後期の全期間にわたる者については、当該学期の学納金に替えて、在籍料として当該学期ごとに5万円を納付しなければなりません。なお、学期の途中で休学した場合は、当該学期の学納金は全額納付しなければなりません。
  3. 学生教育研究災害傷害保険は、学生の学内外における大学の正規授業や課外活動等での事故等に対応した保険です。この保険は学生全員が加入しています。なお、保険料は延納できませんので、納入期日(入学初年次4月末)までに納入してください。
     補足)2020年度から新型コロナウイルス感染症対策の特例措置として日本看護学校協議会共済会「will」に全員加入しています。
  4. 長期履修制度による入学者該当:3年間で必要な単位を修得できず、4年目(最終年)も在籍することになった場合、4年目は、通常履修の1年分の学納金等(学納金150万円、保険料820円)を納付することになります。
  5. その他、履修する科目に教科書が指定されている場合は別途教科書代が必要となります。(各自、本学生協等にて購入)
  • 入学辞退の申し出があった場合においても、入学金は返還しません。
  • 上記の学納金等は、事情により改定する場合があります。

博士後期課程 看護学専攻

費目/学年 1年次 2年次 3年次
学納金 入学金 400,000

授業料 1,200,000 1,200,000 1,200,000
実験実習費 150,000 150,000 150,000
維持運営費 150,000 150,000 150,000
1,900,000 1,500,000 1,500,000
その他の費用 学生教育研究
災害傷害保険料
2,150
(3年分)
合計 1,902,150 1,500,000 1,500,000

(単位:円)

  1. 授業料、実験実習費、維持運営費は、年額の2分の1に分割し、前期分・後期分として納入することが可能です。
  2. 休学が前期または後期の全期間にわたる者については、当該学期の学納金に替えて、在籍料として当該学期ごとに5万円を納付しなければなりません。なお、学期の途中で休学した場合は、当該学期の学納金は全額納付しなければなりません。
  3. 学生教育研究災害傷害保険は、学生の学内外における大学の正規授業や課外活動等での事故等に対応した保険です。この保険は学生全員が加入しています。なお、保険料は延納できませんので、納入期日(入学初年次4月末)までに納入してください。
     補足)2020年度から新型コロナウイルス感染症対策の特例措置として日本看護学校協議会共済会「will」に全員加入しています。
  4. 標準修業年限(3年)を超える在学者のうち、所定の単位を修得し、かつ、博士論文研究計画書審査に合格している者は、学納金については、年額50万円の授業料のみの納付となります。
  5. その他、履修する科目に教科書が指定されている場合は別途教科書代が必要となります。(各自、本学生協等にて購入)
  • 入学辞退の申し出があった場合においても、入学金は返還しません。
  • 上記の学納金等は、事情により改定する場合があります。

博士課程 共同災害看護学専攻

費目/学年 1年次 2年次 3年次 4年次 5年次
学納金 入学金 400,000
授業料 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000
実験実習費 150,000 150,000 150,000 150,000 150,000
維持運営費 150,000 150,000 150,000 150,000 150,000
1,900,000 1,500,000 1,500,000 1,500,000 1,500,000
その他の費用 学生教育研究
災害傷害保険料
3,330
(5年分)
合計 1,903,300 1,500,000 1,500,000 1,500,000 1,500,000

(単位:円)

  1. 授業料、実験実習費、維持運営費は、年額の2分の1に分割し、前期分・後期分として納入することが可能です。
  2. 休学が前期または後期の全期間にわたる者については、当該学期の学納金に替えて、在籍料として当該学期ごとに5万円を納付しなければなりません。なお、学期の途中で休学した場合は、当該学期の学納金は全額納付しなければなりません。
  3. 学生教育研究災害傷害保険は、学生の学内外における大学の正規授業や課外活動等での事故等に対応した保険です。この保険は学生全員が加入しています。なお、保険料は延納できませんので、納入期日(入学初年次4月末)までに納入してください。
     補足)2020年度から新型コロナウイルス感染症対策の特例措置として日本看護学校協議会共済会「will」に全員加入しています。
  4. 標準修業年限(5年)を超える在学者のうち、所定の単位を修得し、かつ、Qualifying Examinationの審査に合格している者は、学納金については、年額50万円の授業料のみの納付となります。
  5. その他、履修する科目に教科書が指定されている場合は別途教科書代が必要となります。(各自、本学生協等にて購入)
  • 入学辞退の申し出があった場合においても、入学金は返還しません。
  • 上記の学納金等は、事情により改定する場合があります。