学校推薦型選抜

学校推薦型選抜

はじめに

よくある質問は下記のページをご覧ください。

奨学金や特待生(授業料免除)制度については下記のページをご覧ください。

2023年度入学者選抜日程 

公募推薦選抜 

募集人員

看護学部:入学定員130名の約50%(学校推薦型選抜の合計人数)
さいたま看護学部:入学定員80名の約50%(学校推薦型選抜の合計人数)

出願資格

次の各号のいずれにも該当する者

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を2023年 3 月に卒業見込みの者、または文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を2023年 3 月に修了見込みの者
    ※ただし、在籍する、もしくは在籍した高等学校または在外教育施設の卒業(修了)月がその学校の規定上、上記の3月以外に定められている場合には、2022年4月以降2023年2月までの卒業(修了)者、卒業(修了)見込みの者も、2023年3月卒業(修了)見込みの者と同じと見なします。
  2. 高等学校在学中の全体の学習成績の状況(評定平均値)が4.0以上で、本学において優秀な学習成果をあげることが期待できる者
  3. 看護の分野における学習と実践活動への意欲とそれを実現できる適性と能力を持ち、本学への入学を強く希望する者
  4. 合格した場合、入学を確約できる者
出願期間 2022年11月1日(火)~2022年11月8日(火)※最終日の消印有効
試験会場

看護学部:広尾キャンパス
さいたま看護学部:大宮キャンパス

入学試験日

2022年11月19日(土)

合格発表日

2022年12月5日(月)

手続期間 2022年12月6日(火)~2022年12月13日(火)※最終日の消印有効
選抜方法 学力検査・面接および書類審査を総合して合格者を決定します。なお、学力検査はマークシート方式で行いますが、一部に記述式の問題を出題します。
試験科目

資料読解(記述式を含む)
面接(グループ討議・個人面接)および書類審査

 

 
2023年度入学者選抜試験では、感染予防対策を講じたうえでグループ討議を実施します。
 
※2021年度及び2022年度入学者選抜では新型コロナウイルス感染症への対応として、受験生の安全を確保することを目的にグループ討議を実施いたしませんでした。
 
(2022年6月17日掲載)

(配点:資料読解100点、面接点は非公表です。試験時間:資料読解60分)

指定校推薦選抜

募集人員

看護学部:若干名
さいたま看護学部:若干名

出願資格

次の各号のいずれにも該当する者

  1. 高等学校を2023年3月卒業見込みの者で、本学が推薦を依頼した高等学校長から推薦された者
    ※指定の有無については、在籍する学校の進路指導室等に確認してください。
    ※例年6月に高等学校あてに依頼状をお送りしています。
  2. 高等学校在学中の全体の学習成績の状況(評定平均値)が3.8以上で、本学において優秀な学習成果をあげることが期待できる者
  3. 看護の分野における学習と実践活動への意欲とそれを実現できる適性と能力を持ち、本学への入学を強く希望する者
  4. 合格した場合、入学を確約できる者
出願期間 2022年11月1日(火)~2022年11月8日(火)※最終日の消印有効
試験会場

看護学部:広尾キャンパス
さいたま看護学部:大宮キャンパス

入学試験日 2022年11月19日(土)
合格発表日

2022年12月5日(月)

手続期間 2022年12月6日(火)~2022年12月13日(火)※最終日の消印有効
選抜方法 小論文・面接および書類審査を総合して合格者を決定します。
試験科目

小論文
面接(グループ討議・個人面接)および書類審査

 
2023年度入学者選抜試験では、感染予防対策を講じたうえでグループ討議を実施します
 
※2021年度及び2022年度入学者選抜では新型コロナウイルス感染症への対応として、受験生の安全を確保することを目的にグループ討議を実施いたしませんでした。
 
(2022年6月17日掲載)

(配点:小論文は段階評価、面接点は非公表です。試験時間:小論文60分)

赤十字特別推薦選抜

赤十字の理念および日本赤十字社救護員養成の理念を理解し、将来日本赤十字社第二ブロック(関東・甲越地区)支部内の医療機関の看護専門職者として活躍する人材を育成することを目的としています。
本学と日本赤十字社各県支部・医療施設とで連携して募集を行い、本学が合格者を決定します。
赤十字特別推薦選抜の合格者には、本学在学中の4年間、当該支部・医療施設から奨学金が貸与されます。
なお、奨学金額は、日本赤十字社各県支部によって異なります。

公募推薦と同一日程、同一試験で実施しますが、赤十字特別推薦選抜のみ、筆記試験、面接(グループ討議・個人面接)を第1次試験とし、第2次試験として、本学教員及び日本赤十字社職員による個人面接を実施します[二段階選抜]。

お問い合わせ窓口

選抜に関すること:日本赤十字看護大学入試・広報係(03-3409-0950)
奨学金に関すること:病院が所在する日本赤十字社各県支部(次表をご覧ください)


日本赤十字社各県支部 連絡先一覧

支部名 お問い合わせ先
茨城県支部

 〒310-0914
茨城県水戸市小吹町2551
TEL:029-241-4516

栃木県支部 〒320-8508
栃木県宇都宮市若草1-10-6
とちぎ福祉プラザ4階
TEL:028-622-4801
埼玉県支部 〒330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町3-17-1
TEL:048-789-7117
千葉県支部 〒260-8509
千葉県千葉市中央区千葉港5-7
TEL:043-241-7531
山梨県支部 〒400-0062
山梨県甲府市池田1-6-1
TEL:055-251-6711

募集人員

<看護学部>

募集人員:11名

募集する支部・病院・奨学金貸与年額:

県支部名 医療施設名 募集人員 奨学金貸与年額
茨城県支部 水戸赤十字病院 2名 600,000円
茨城県支部 古河赤十字病院 1名 600,000円
栃木県支部 芳賀赤十字病院 1名 840,000円
栃木県支部 那須赤十字病院 1名 840,000円
栃木県支部 足利赤十字病院 1名 840,000円
千葉県支部 成田赤十字病院 2名 800,000円
山梨県支部 山梨赤十字病院 3名 840,000円

————————————————————————————————————————————————————————————–

<さいたま看護学部>

募集人員:7名

募集する支部・病院・奨学金貸与年額:

県支部名 医療施設名 募集人員 奨学金貸与年額
茨城県支部 水戸赤十字病院 1名 600,000円
茨城県支部 古河赤十字病院 1名 600,000円
栃木県支部 芳賀赤十字病院 1名 600,000円
栃木県支部 那須赤十字病院 1名 600,000円
栃木県支部 足利赤十字病院 1名 600,000円
埼玉県支部 深谷赤十字病院 2名 600,000円

 

出願資格

次の各号、及び出願する日本赤十字社の各県支部が指定する推薦基準のいずれにも該当し、
高等学校長若しくは中等教育学校長が責任をもって推薦できる者
なお、各校からの推薦人数に制限は設けない。

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を2023年3月に卒業見込みの者、または文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を2023年3月に修了見込みの者
    ※ただし、在籍する、もしくは在籍した高等学校または在外教育施設の卒業(修了)月がその学校の規定上、上記の3月以外に定められている場合には、2022年4月以降2023年2月までの卒業(修了)者、卒業(修了)見込みの者も、2023年3月卒業(修了)見込みの者と同じと見なします。
  2. 高等学校在学中の全体の学習成績の状況(評定平均値)が3.8以上で、本学において優秀な学習成果をあげることが期待できる者
  3. 赤十字の人道的任務を達成するため、卒業後各県支部管轄内の赤十字施設で、看護師として社会に貢献する積極的な意思を有する者
  4. 看護の分野における学習と実践活動への意欲とそれを実現できる適性と能力を持ち、本学への入学を強く希望する者
  5. 合格した場合、入学を確約できる者

日本赤十字社の各県支部が指定する推薦基準
支部が所在する県内の高等学校を2023年3月に卒業見込みの者、または県外の高等学校を2023年3月に卒業見込みで県内に住所を有する者
※県とは、支部が所在する県とする。
※県内に住所を有する者とは、入学する者またはその一親等の親族が、入学年の前年の4月1日から引き続き県内に住所を有する者とする。
※通信制の高等学校卒業見込み者については、「支部が所在する県内に住所を有する者」に限る。

出願期間 2022年11月1日(火)~2022年11月8日(火)※最終日の消印有効
試験会場

看護学部:広尾キャンパス(第1次試験・第2次試験)
さいたま看護学部:大宮キャンパス(第1次試験)/広尾キャンパス(第2次試験)
[注]さいたま看護学部の試験会場について:第2次試験は第1次試験の試験会場とは異なりますのでご注意ください。

入学試験日 <第1次試験>
2022年11月19日(土)
<第2次試験>
2022年11月26日(土)
合格発表日

<第1次試験>
2022年11月24日(木)
<第2次試験>
2022年12月5日(月)

手続期間 2022年12月6日(火)~2022年12月13日(火)※最終日の消印有効
選抜方法
学力検査・面接および書類審査を総合して合格者を決定します。なお、学力検査はマークシート方式で行いますが、一部に記述式の問題を出題します。
試験科目

<第1次試験>
資料読解(記述式を含む)
面接(グループ討議・個人面接)および書類審査

 

 
2023年度入学者選抜試験では、感染予防対策を講じたうえでグループ討議を実施します。
 
※2021年度及び2022年度入学者選抜では新型コロナウイルス感染症への対応として、受験生の安全を確保することを目的にグループ討議を実施いたしませんでした。
 
(2022年6月17日掲載)
 

<第2次試験>
面接(個人面接)および書類審査
※第2次試験における面接の時間は公表していません。

(配点:資料読解100点、面接点は非公表です。試験時間:資料読解60分)

公募推薦選抜との併願について

赤十字特別推薦選抜に志願する学部の公募推薦選抜への併願を可能とし、併願した者については、赤十字特別推薦選抜に不合格となった場合に、公募推薦選抜で選抜を行います。
注)
・ 公募推薦選抜を併願する者は、公募推薦選抜の推薦基準にも該当しているものとします。
・ 学部をまたいだ併願はできません(同一学部内でのみ併願可能)。

学生募集要項

2023年度入学者選抜に出願される際には、2023年度版学生募集要項を必ずご確認ください。

指定校推薦選抜

2023年度看護学部 指定校推薦選抜の学生募集要項 2023年度さいたま看護学部 指定校推薦選抜の学生募集要項

公募推薦選抜・赤十字特別推薦選抜(参考:2022年度入試用)※2023年度入試用は追って公表します。

出願書類

看護学部・さいたま看護学部共通、また指定校推薦選抜・公募推薦選抜・赤十字特別推薦選抜共通の書式です。

指定校推薦選抜に関しては、出願書類のセットに同封されているものと同じ内容です。
また、推薦書はExcel版をダウンロードの上、入力したものをご利用いただいても差支えありません。ご都合の宜しい方をご利用ください。
なお、推薦を依頼する高校の学校長あてに、依頼状及び学生募集要項、出願書類等を6月下旬に発送しております。

公募推薦選抜・赤十字特別推薦選抜に関しては、インターネット出願サイトから出力する出願書類もあります。詳細は下記「インターネット出願ページ」項目をご確認ください。

志望理由書

PDF版

2022年7月1日更新
推薦書

PDF版


Excel版

2022年7月1日更新

 

インターネット出願ページ

学校推薦型選抜のうち、公募推薦選抜・赤十字特別推薦選抜はインターネット出願システムによって出願を受け付けます。
出願の手順については、インターネット出願ガイドをご参照ください。

2023年度入試への出願にあたっては、必ず2023年度版のインターネット出願ガイドをご参照ください。
参考として、昨年度(2022年度)版の出願ガイドを掲載しています。

2022年度インターネット出願ガイド インターネット出願をする方はこちらをご確認下さい

※上記をクリックすると外部サイト(https://www.postanet.jp/info/012335/)に移動します。

看護学部・さいたま看護学部

一般選抜 大学共通テスト利用型選抜