学部

取得可能な資格・免許

卒業時に取得可能な資格

学士(看護学)の学位

看護師国家試験受験資格

保健師国家試験受験資格(平成23年度入学者より選択履修制*)

*履修希望者が一定の人数を超えた場合は、選考審査を行います。

【保健師国家試験に合格し保健師免許取得の後に申請可能な資格】

・養護教諭2種免許状

・第一種衛生管理者


»キャリア支援のページへ

助産師国家試験の受験資格について

本学では、21世紀に求められる助産師像を想定して、助産師養成教育を大学院修士課程国際保健助産学専攻で行っています。

看護師、保健師、助産師とは?

看護師

厚生労働大臣の免許を受けて、主に病院や診療所において、病気やケガで入院している人や家庭で療養している人の世話、医師、歯科医師等の指示のもとで診療補助を行います。

保健師

厚生労働大臣の免許を受けて、保健所、市町村、学校、事業所等において病気の予防や健康の保持推進を図り、また家庭訪問により広く地域住民の健康生活に必要な保健指導を行います。

助産師

厚生労働大臣の免許を受けて、病院などの医療機関、保健所、母子健康センター等において、分娩の介助、妊婦、褥婦や新生児等母子保健全般にわたる指導を行い、助産所を開設することもできます。

資格を得るには?

いずれの職種も文部科学大臣、厚生労働大臣及び都道府県知事の指定する学校、養成所を卒業して国家試験に合格したのち、本人の申請により免許証が与えられます。

在学中に取得可能な資格

赤十字救急法救急員養成講習会を受講し、検定に合格すれば、救急員認定証が取得できます。(有効期間は3年間)