学部

奨学金

奨学金は、経済的理由により修学困難な学生に学業継続を援助するための制度です。奨学金の種類によっては併用できないものもあります。奨学生の募集、申請の時期、必要な提出書類など詳細については学務課にお問い合わせください。

日本赤十字看護大学伊藤・有馬記念基金

学生奨学金(給付)年額 100,000円以内

給付対象期間は当該年度限りとし、次年度以降も引き続き申請できる。所定の願書に基づき、前年度もしくは当該年度の成績等により選考する。年度末までに「学生生活報告書」を提出することが義務付けられる。

学生外国留学奨励金(給付)年額 50,000円以内

給付対象期間は当該年度限りとし、次年度以降も引き続き申請できる。所定の願書に基づき、前年度もしくは当該年度の成績等により選考する。原則として留学前に給付する。留学終了後2ヶ月以内に「留学報告書」を提出することが義務付けられる。

大嶽康子記念奨学金

年額 200,000円(給付)

給付対象期間は当該年度限りとし、次年度以降も引き続き申請できる。本学独自の奨学金制度で、経済的理由により修学困難な学生5名に給付する。給付後、12月末までに所定の書式により「報告書」を提出することが義務付けられる。

日本赤十字看護大学同窓会奨学金

年額 500,000円(無利子)

本学に在籍する心身ともに健全な学生を対象に貸与する。(在学中1回限り)卒業後、月賦、半月賦、年賦のいずれかを選択し3年以内に返還する。

日本赤十字看護大学保護者会奨学金

保護者会奨学金(給付)年額:300,000円を限度とする

学部学生で、経済的理由のため修学が困難な者、また健康で修学に十分耐えうる者に、奨学金の給付をする。給付対象期間は当該年度限りとし、次年度以降も引き続き申請できる。

海外留学奨学金(給付)年額:50,000円を限度とする

学部学生で、学業が優秀で、本学の主催する海外留学・研修への参加を希望する者、健康で海外留学・研修に十分耐えうる者に、奨学金の給付をする。給付対象期間は当該年度限りとし、次年度以降も引き続き申請できる。

日本赤十字社奨学金制度

各施設によって異なる 年額:600,000~1,200,000円

卒業後に当該の赤十字病院に看護師として勤務することを希望する学生に、選考のうえ奨学金を貸与する。採用条件、貸与額は各施設によって異なる。卒業後、貸与期間相当を当該病院に勤務した場合に返還免除になる制度がある。

一般財団法人日本赤十字社看護師同方会奨学資金

月額 30,000円(無利子)

学業、素行、健康ともに良好な者で、経済的な理由により修学困難な者に貸与する。奨学資金は本人の返還計画書に基づき、卒業後に借用期間と同一期間内に返還する。

日本学生支援機構(第一種)

【自宅通学】月額:30,000円もしくは54,000円【自宅外通学】月額:30,000円もしくは64,000円(無利子)

人物・学業ともに優れた学生で、経済的理由のために修学困難と認められる学生に対し、奨学金を貸与する。家計・学力等、日本学生支援機構基準により選考される。


日本学生支援機構のホームページへ

日本学生支援機構(第二種)

3万、5万、8万、10万、12万円から選択(有利子)

人物・学業ともに優れた学生で、経済的理由のために修学困難と認められる学生に対し、奨学金を貸与する。家計・学力等、日本学生支援機構基準により選考される。


日本学生支援機構のホームページへ

日本学生支援機構定期外採用(緊急・応急採用)

主たる家計支持者の失職、破産、倒産、病気または死亡もしくは火災・風水害の事由により、家計が急変したために緊急に奨学金の必要が生じた場合、発生した月から年度末までの期間、貸与を受けることができる。

東京都看護師等修学資金(第一種)

月額 36,000円(無利子)

将来、東京都内において看護業務に従事しようとする学生で、経済的理由により修学が困難な者に修学資金を貸与する。卒業後、指定施設に看護業務に5年間継続して従事した時は申請により返還を免除される。第一種・第二種併用貸与可


東京都看護師等修学資金

一般財団法人 岡村育英会

年額 280,000円(給付)

健康で学業、人物とも優れ、また、経済的理由により、修学困難と認められる学生に給付する。給付対象期間は当該年度限りとする。(対象は学部3年生)

公益信託高島君子記念 看護奨学金

年額:360,000円(給付)

高齢者を中心とした看護に使命感を抱き、学業優秀でありながら経済的理由により修学が困難な学生に給付する。対象は学部3年生。(編入3年生含む)

受給状況

平成27年度

1年次2年次3年次4年次
伊藤・有馬記念基金奨学金4人5人6人2人
日本赤十字社奨学金69人58人81人79人
日本赤十字社医療センター奨学金17人40人
31人22人
日本学生支援機構31人44人33人40人
その他(財団等)12人15人20人14人

特待生(授業料免除)制度

看護学部では、学業成績等の優秀な者に授業料を免除することにより、勉学を奨励するとともに学習意欲の高揚を図ることを目的に特待生制度を設けています。特待生の種類には、一般入試の成績優秀者への「特待生A」と入学後の学業成績優秀者への「特待生B」があります。

平成26年度以降入学生対象

種類対象選考基準
特待生A1年生一般入試の成績上位2位以内の者を特待生Aとして選考する。
(合格発表時に本人宛に通知します。)
特待生B2年生
3年生
4年生
(編入生除く)
前年度の成績上位者、各5名を特待生Bとして選考する。
(1年次に特待生Aとなった者も選考対象となります。)

特待生の期間及び免除額

  • 特待生Aは、入学年度の年間授業料の全額(1,200,000円)を免除する。
  • 特待生Bは、該当学年の年間授業料の半額(600,000円)を免除する。

平成25年度以前入学生対象

種類対象選考基準
特待生A1年生一般入試の成績上位2位以内の者を特待生Aとして選考する。
(合格発表時に本人宛に通知します。)
特待生B2年生
3年生
4年生
(編入生除く)
前年度の成績上位者、各2名を特待生Bとして選考する。

特待生の期間及び免除額

  • 特待生Aは、4年間授業料の全額(4年間で4,800,000円)を免除する。
  • 特待生Bは、該当学年の年間授業料の半額(600,000円)を免除する。