大学院

地域看護学領域

地域看護学は、地域包括ケアシステム構築の中での、在宅看護、退院支援、公衆衛生看護、多職種連携といったキーワードで、地域全体における看護の役割を考えていくことを学問的に探求していきます

地域看護のおもしろさは、対象が個人、家族、グループ、組織、地域社会と多岐に渡ること、また、社会情勢や制度・政策の動きや地域特性を考慮した看護的アプローチを展開していくことです。このおもしろさを学問的に追求するために、量的研究方法や質的研究方法を用いて、研究する力と実践する力を高めることを教員一同全力でサポートします。2025年の超高齢化社会を迎えるにあたって、看護師・保健師が力を合わせて地域での看護を展開していくことのおもしろさを共有しましょう。

平成27年度から在宅看護CNSコース(38単位)がスタート!!

在宅看護CNSコース(38単位)は、2012年に認定がはじまった社会的ニーズの高い分野です。本コースは、訪問看護だけでなく、退院支援や外来看護なども含む地域全体で活躍できる人材育成をめざしています。地域における看護を開拓する先駆者となりませんか。仲間や教員と意見交換しながら、一緒に成長していきましょう。関心のある方は、地域看護学の教員にお気軽にご相談ください。

学位論文テーマ


博士論文テーマ
高齢者が希望する在宅看取りを実現する要因

訪問看護師による終末期がん患者とその家族への死亡場所の意思決定支援: 訪問看護師の視点から

顔の見える関係強化に焦点を当てた訪問看護師と介護支援専門員の連携促進プログラムの開発

認知症とともに生きる高齢者の体験

COPD患者の終末期における訪問看護師の支援


修士論文テーマ
訪問看護師の「寄り添う」体験
訪問看護師が行う心不全患者の在宅療養継続に関する臨床判断
訪問看護師が行う地域づくりの実際
退院支援看護師との連携がうまくいくための病棟看護師の退院支援における役割

日常的に医療的ケアを必要とする小児慢性特定疾病がある子どもの地域生活における支援ニーズの実態

積極的治療の適応外となってきた悪性リンパ腫患者に対する病棟看護師の意思決定につなぐかかわり

高齢者の終末期在宅療養生活における訪問看護師がかかわる場づくりと家族支援

急性期病棟看護師が持つべき全人的に患者をアセスメントするための視点を身につけることへつながった過程-退院支援に着目して-

在宅酸素療法導入患者の退院支援における連携・退院後の状況把握・看護師満足度に関連する要因の検討

認知症独居高齢者の在宅生活継続のための地域包括支援センター看護職のかかわり
都市部在住市民における終末期療養場所の意思決定に関連する要因:年代別比較
後期高齢者夫婦二人暮らしの介護継続の様相―介護破綻と孤立化の危険性に焦点をあてて-
がん終末期患者の看取りにかかわる訪問看護師の認識-勤務継続につながる認識に焦点をあてて-