大学院

老年看護学領域


生活モデルを通して高齢者ケアの可能性について学ぶ

老年期に関する国内学の看護学及び他領域の諸理論をもとに、高齢者の生きてきた時代や社会的背景を含めて全体論的視点に立った生活モデルを通して高齢者看護の可能性について学びます。研究については、複雑な健康問題を抱える高齢者やその家族が自らの価値観や信念に基づきより健康的で質の高い生活がおくれるための看護援助について、国内外の研究文献のクリティークを行い、各自でテーマを絞って探求を深めていきます。

研究指導教員

坂口 千鶴

坂口 千鶴

教授

太田 喜久子

太田 喜久子

特任教授

千葉 京子

千葉 京子

准教授

学位論文テーマ


博士論文テーマ
高齢の脳卒中患者を看る妻のレジリエンス
急性期病院を経て療養病床で働く中堅看護師のライフストーリー
嚥下障害者への食事介助における看護師のわざの研究
新人看護師の看護実践の変化―体位変換場面を通してー
老年期にある親を看取った看護師の葛藤―娘として、看護師としてー


修士論文テーマ
高齢者が血液透析をうけて生活することへの思い
一般病棟において認知機能低下のある高齢者の意思を捉えて関わる看護師の判断プロセス
急性期病院へ入院中の認知機能の低下した高齢者が院内デイケアへ参加する体験
急性期病院において認知機能の低下した高齢者のケアに携わる中堅看護師の感情体験
急性期病院に入院中の脳血管疾患高齢患者に関わる看護師の臨床判断
血液透析を受けている高齢患者に関わる看護師の思い-高齢患者の死にまつわる事前の意思表示に焦点を当てて-
在宅で生活する認知症高齢者の体験-自分自身に対する思いに焦点をあてて-
配偶者を看取った高齢男性介護者の体験-表出されにくい悲嘆に注目して-
高齢パーキンソン病患者を長期間支える家族の介護の体験