シラバス

シラバス

シラバスとはその年度に開講される予定の科目について学生が何をどのように学べばよいかを示したものです。
単位の取得は、授業を受けるだけでなく、各自が必要な予習復習を自主的に行なうことを前提としています。
シラバスの内容をよく確認し、図書館やオフィスアワーを活用して学びを深めてください。
具体的、あるいは詳細な学習内容、方法については、別途、担当教員から指示、指導があります。

【授業の目的】【到達目標】
 卒業時の到達目標に沿った各授業の目的・目標を示しています。

【学習の進め方】
 講義・演習・実習など、授業での学習の進め方を示しています。

【スケジュール】
 授業回ごとの学習内容、方法、担当教員を示しています。
 一部の科目(実習等)を除いて、履修のために必要な事前・事後学修の具体的な方法を示しています。

【教科書・参考資料・資料等】
 授業および学習のための教材を示しています。購入が必要となる場合もあります。

【他の授業科目との関連】
 他の授業科目との関連を示しています。
 実習の履修要件、保健師教育課程に位置づけられる科目を示しています。

【成績評価の仕方】
 学習内容によって成績評価の仕方は異なります。
 複数の方法を組み合わせて成績評価を行なう科目もあります。

【オフィスアワー・研究室等】
 授業時間以外で教員から指導を受けたいとき、質問や相談をしたいときに、教員が対応可能な時間と場所を示しています。

【受講上の注意事項】
 上記内容の他に注意を払ってもらいたいことを示しています。

日本赤十字看護大学WEBシラバスシステム

シラバスシステムでの検索方法

※2019年度シラバスから科目区分の表示を大学院は区分名の冒頭に【M看】などの課程がわかるように表記してあります。このため、検索画面で「大学院」を選択していただくと各課程(専攻)の区分が全て表示されています。
この変更は2018年度以前は適用されないため、2018年度の科目を確認する場合は下記ファイルを参照して区分を表示させてください。

2018年度以前のシステムでの検索方法

ご利用のブラウザでPDFファイルをご覧いただけない場合は、Adobe社の Acrobat Reader(無料) をご利用ください。