地域連携・フロンティアセンター

センターの理念

看護の知的・実践的活動を発信
ケアリングを基調とする元気な社会創りの拠点

本学では、建学の精神である人道に基づき、地域住民の健康と福祉に資することを目的に、地域社会、国、地方公共団体、産業界との連携を進めています。

地域連携・フロンティアセンターは、本学の教育・研究を活かし、新たな看護実践を創造し、地域社会との連携を通して地域の人々の健康の向上に貢献することを目的に平成17年に設立されました。

地域連携部門、災害看護部門、継続教育部門、実践研究部門、広報部門の5つの部門を通じてさまざまな活動やプロジェクトを展開し、「ケアリング」を基調とする元気な社会づくりの拠点となっています。

  1. 生命の尊厳と人々の生きる権利を守る
  2. 全人的なアプローチを通じて生命体の自然治癒力を高める
  3. 人と人とのつながりをもたらすパワーと資源を活かして、個人や社会がもつ自助能力を開発する


これらの理念をもとに、人道とケアリングを基調とする新しい社会の創出を目指します。

ロゴマーク

ロゴマークは、風車をモチーフにしています。フロンティアの活動を通じて、社会に風を巻き起こす姿をイメージしました。

一人ひとりを大切にする社会、人と人とのつながりを通じて人々が元気になる社会を創りたいと思っています。

ケアリング・フロンティア広尾

 平成25年度より活動を開始。広尾地区の保健医療福祉・教育が一体となってケアを創造するシステム。

 主な事業活動は、こちら をご覧ください。

地域連携・フロンティアセンター長メッセージ

地域連携・フロンティアセンターでは、看護専門職を対象とした継続教育や研究の場を提供するだけなく、公開講座や地域防災支援など、地域住民の皆様を対象としたプログラムもあり、幅広い学術交流の拠点となっています。

全ての人々が自分らしく健康的な生活を営めるよう、皆で知恵を出し合い、実践し、よりよい社会を共につくっていきましょう。皆様のご参加を心よりお待ちしています。



地域連携・フロンティアセンター長  石田 千絵