教育評価アンケート

教育評価アンケート

 本学では、平成26 年度( 2014 年度)より、学部在学生および卒業生、大学院在学生および修了生、就職先の看護管理者に対して調査を行い、本学における学習の成果を評価し、カリキュラムの改善や学習環境の改善につなげてきました 。

看護学部・さいたま看護学部

 本学は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)として、学生が卒業時までに8つの力を身に着けることができることを目指し、教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)を定めて科目を構成し、教育に取り組んでいます。本調査は、学生が本学でどのような力を身に着けることができたと受けとめているのか、カリキュラムに対する受けとめ、学習環境に対する満足度などについて明らかにしたものです。
 この調査結果を、今後の教育に活かしていきたいと思います。

 今回公表するデータは、 2017 年度~ 2020 年度の調査結果です。調査対象者数、回答率等は以下の通りです。

調査対象者数・回答率等

大学院研究科

 大学院研究科では、修士課程 看護学専攻、修士課程 国際保健助産学専攻、博士後期課程 看護学専攻、博士課程 共同災害看護学専攻において、それぞれ学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を定め、この学位授与の方針およびアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に基づき、教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)を定めて、教育を行っています。
 本調査は、学生が認識する、学位授与の方針への到達度、教育課程に対する評価、学習環境に対する満足度などについて明らかにしたものです。
 本学では、今後の教育の改善のため 、この調査結果を公表・検討しています。

 今回公表するデータは、 2018 年度~ 2020 年度の調査結果です。調査対象者数、回答率等は以下の通りです。

調査対象者数・回答率等