大学院

小児看護学領域

子どもの成長発達と生活環境を理解し、子どもと家族の健康を増進するための諸理論を学びます。

小児看護学(修士課程・博士後期課程)では、健康な状況にあるときや、急性期、慢性期、ターミナル、障がい、在宅などあらゆる状況にある子どもの最善の利益を基本に、子どもの成長・発達と生活環境を理解し、子どもと家族の健康を増進するための諸理論を学びます。また、その子らしく成長・発達できる子どもと家族へのケアの質向上を追求する実践と研究方法を探求します。さらに、時代の変化や子どもが過ごす文化を反映した理論とその課題を探求します。修士課程には小児看護専門看護師の教育課程も置き、高度実践看護師の育成を行っています。

研究指導教員

江本 リナ

江本 リナ

教授

川名 るり

川名 るり

准教授

学位論文テーマ


博士論文テーマ
児童精神科病棟の自由時間のホールで展開される発達障害の学童への看護師のかかわり
通所施設における重症心身障害者と看護師とのコミュニケーションとケアの形成
幼少期から気管支喘息をもつ学童後期・思春期の子どもの「病い」の体験
小児看護学の教員が語る学生・子ども・母親とのあいだにおける実習指導の困難さ


修士論文テーマ
ウォーキングカンファレンスを活かした乳幼児の看護
小児集中治療室(PICU)に入室している鎮静下の幼児の表情を捉えたケア
手術を受ける幼児の移送において病棟看護師が家族にかかわることの意味
重症心身障がい児の定期的レスパイト入院中に行う在宅ケアの調整に向けた看護師のかかわり
看護師が行う短期入院している乳幼児の状況に合わせた清潔ケア
急性期の学童の院内学級に関する看護師の調整
急性呼吸器疾患で入院中の幼児前期の子どもに装着しているパルスオキシメーターを外す看護師の判断
炎症性腸疾患で入院している思春期の子どもへの看護師のかかわり
重篤な疾患・症状をもつ乳児期初期の子どもの「泣き」をめぐる看護師の判断と対応の特徴
日帰り入院で食物負荷試験を受ける食物アレルギーを持つ幼児と家族への看護師のかかわり