国際保健助産学専攻

国際保健助産学専攻 概要

助産を通した国際貢献を目指すとともに、女性の健康と安全を保証する科学的かつ倫理的なエビデンスと技能を創出します。

本領域では、グローバルな視点から助産を通した国際貢献を目指すとともに、女性の健康と安全を保証する科学的かつ倫理的なエビデンスと技能を創出します。

昨今の保健・医療・福祉領域では、実践および教育、管理のできる高度な国際的専門職業人が求められており、本学では社会のニーズに応じた高度実践力かつ国際的な視野を持つ助産師を育成するために、2007年より修士課程において国際保健助産学専攻を設置しています。

本領域では、国際人道法のもとに赤十字活動を学び、グローバルスタンダードに基づいた助産やウイメンズヘルスの理論と実践について修得できるよう支援します。また、助産の諸現象や、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、女性の健康支援に関する最新かつ適切なエビデンスを活用しながら、専門家として自律して活動・恊働できる能力を育成します。さらに、研究活動、実習や教育の実践を通して、先進的かつ批判的な観点から助産ケアの質向上に貢献できる能力を開発します。

研究コースと実践コース

高度な国際的専門職業人が社会で効果的に助産活動を展開していくためには、多様な資質を持つ助産師の人材育成が必要です。本領域では【研究コース】と【実践コース】があり、入学時に学生がどちらかのコースを選択します。

【研究コース】
世界の情勢を見つめ研究的視点をもって指導的立場で自律的に活動できる人材を育成します。

【実践コース】
助産ケアを必要とする人々の生活に直接関わって支援していく人材を育成します。実践コースでは、所定の単位を修めると助産師国家試験の受験資格を得られます。

両コースともに、在学中に所定の授業の単位修得や特別講習会へ参加することで、以下の資格や証明書を取得・発行することができます。

  • NCPR新生児蘇生法専門コース(A)
  • 国際認定ラクテーション・コンサルタント資格取得・継続に必要な継続教育単位証明CERPs
  • 受胎調節実地指導員

研究指導教員

井村 真澄

日本赤十字看護大学 教授(国際保健助産学専攻)

皆さま、こんにちは。

女性も男性も子どもも、かけがえのない一人一人として尊重され、輝けることを大切にしています。それを支えるには、知識力・技術力・行動力、批判的吟味力と高い倫理性、そして研究力が必要です。エビデンスに裏打ちされ、眼前の方の心のひだに染み入るような上質なケアを提供でき、ケアシステムを変革できる助産力を身に着けた助産師を志したい方は大歓迎です!ぜひ一緒に勉強し、活動していきましょう。

個々の院生のリサーチクエスチョンに基づき質的・量的デザインの研究支援を行っています。得られた知見をケアの受益者と現場に還元できるエビデンスの還元性を大切にしています。

現在の趣味:イヌとねこをなでること、音楽鑑賞、ドライブ、登山、茶道、華道


主な学外活動:
International Board of Lactation Consultant Examiners Country Coordinator for Japan
ラクテーションコンサルタント資格試験評議会
日本カントリーコーディネーター
日本ラクテーション・コンサルタント協会
全国助産師教育協議会会長
日本タッチケア協会副会長
日本母乳哺育学会副会長

それぞれのサイトも是非ご覧になってください。

喜多 里己

日本赤十字看護大学 教授(国際保健助産学専攻)

新人助産師や助産師のキャリア形成、助産師の技の伝承、災害時の助産師の活動に関する研究に取り組んでいます。臨床にいたころ先輩助産師の技を身につけたいと、見て真似て実践しても思うようにいかなかったという経験があります。ケアをうける妊産褥婦が心地よいと感じる技をどのように獲得するか、熟練助産師の技はどのように伝えられるのかにとても関心があります。また、災害拠点病院の助産師の方々に産科病棟の災害対策に関心を持ち始めたころ、東日本大震災が発生しました。被災地の病院や母子、被災地に派遣された助産師の方々の貴重な経験がこれから起こりうる災害への備えとなるよう研究的に取り組みたいと思っています。

大学院で学ぶ皆さまと、母子と家族にとって優しい助産ケアの実践をめざして、基礎的な知識の習得からそれをどのように活用するかについて共に学び合いたいと思っています。

新田 真弓

日本赤十字看護大学 准教授(国際保健助産学専攻)

私は生涯を通じた女性の健康支援に関心があり、これまでも女子高校生の生活や働く女性、更年期にある女性など,実際を深く理解したいと考え、調査や研究を行ってきました。研究を通じて感じるのは、月経随伴症状や更年期といった心身の不調などがあり、周囲からのサポートも十分でない状況であっても何とか折り合いをつけて仕事や家事や子育てを頑張っている女性の力強さです。だからこそ、女性に優しい医療の実現に役立つ研究を目指したいと思いますし、将来の医療を担う大学院生と共に学びを深めていきたいと考えています。助産師を目指す方も臨床での課題に取り組みたい方も、ともに切磋琢磨しながら、頑張っていきましょう。

齋藤 英子

日本赤十字看護大学 准教授(国際保健助産学専攻)

周産期全般と女性やその家族への健康支援に関する研究を行っています。新生児と家族の関係構築支援、母乳哺育支援、地域母子保健、周産期メンタルへルス、助産教育に関する研究にこれまで取り組んできました。

現在は、NBO(通称えぬぼ):Newborn Behavioral Observation systemという新生児行動観察を用いた早期介入法に関する実践と研究を行っています。NBOは、目の前にいるお子さんの声を親御さんと一緒にお子さんの行動から読み取り共有していくセッションです。親子関係の構築を助け、母親のメンタルへルスの指標を改善する効果が世界中で報告されています。この欧米で開発されたコミュニケーション技術を日本の医療保健福祉従事者も臨床場面で導入・活用できるよう日本に おけるトレーニングの開催やNBOの臨床場面での効果を検証しています。

齋藤ゼミに所属する院生さんらは、家族の関係構築支援、母乳哺育支援、地域母子保健、周産期メンタルへルス、就労女性への健康支援、国際母子保健等、多岐にわたる研究課題について、現場で感じた疑問を種にゼミの議論で深めてそれぞれの課題を探求しています。

大学と大学院で学ぶ主役は学生さんたちです。仲間と一緒にたくさん考え悩み、問題に気づき、相談し合い、右往左往しながら様々な課題に取り組み乗り越えられるよう応援します。

東 園子

日本赤十字看護大学 准教授(国際保健助産学専攻)

領域の特色

本領域の活動を「研究活動」「教育・実践活動」「大学院生が語る 私たちのカレッジライフ」という3本柱でご紹介します。
最新の情報は、領域のFacebookをご覧ください。

 

研究活動

周産期/育児期にある妊産褥婦と子どもやその家族への支援だけでなく、災害時支援、ウイメンズ・ヘルスに関する支援、助産師のキャリア支援、産科医療における安全、妊娠・出産をめぐる言語分析等、バラエティーに富んだ研究を行い、研究成果を社会へ還元しています。

文部科学省 科学研究費補助金交付状況一覧

研究種目 事業年度 研究領域
実践を変革する母乳育児支援専門家教育プログラムと配信システムの開発 H25-28 基盤研究(B)
現場変革に活かす新生児がリードするラッチングと母乳育児支援の効果検証 H21-24 基盤研究(B)
新生児とその親の関係構築を支援する新生児行動観察法を用いた早期介入の効果検証 H28-30 基盤研究(C)
直接哺乳が困難な子どもとその親への看護介入プログラムの実用化に向けた開発 H25-27 基盤研究(C)
20代女性の出産イメージの形成過程ー少子社会における日本型出産環境の創出に
むけてー
H24-26 基盤研究(C)
被災地拠点病院に派遣された助産師のコンピテンシー H24-26 基盤研究(C)
出産に対して形成されるイメージの言説分析ー産科医療危機を打開する新たな方略 H21-23 基盤研究(C)

母性看護研究会

周産期領域に関連した事柄をテーマとした勉強会を開催し, 学びを深めることを目的としています。これまでの研究会では、周産期医療に携わる看護者が直面する倫理的問題についての事例検討会、国外文献の抄読会や周産期領域のトピックスに関する企画などをしてきました。
この研究会は、研究コースと実践コースの大学院生が協力して運営しています。
「母性看護や助産に興味をもつ学部生も参加できる研究会なので、ぜひご参加ください!」

 

学外活動として参画している学術集会・研究会

教育・実践活動

教育活動

【実践コース】
助産師教育を大学院修士課程において実施している本学では、ICMの国際的到達度設定や社会の要請をも視野に入れ高度な知識技術の習得達成のための教育を行っています。

学内の授業や演習においては、院生の主体的学修を促進するために、プレゼンテーション、グループディスカッション、ディベート、グループワーク、ロールプレイ等による双方向的な授業展開を通した問題解決型学修を取り入れています。また、よりアクティブラーニングを促進しチーム力を強化できるよう、カナダ、米国および本邦の医学・薬学・歯学領域で実施されはじめているチーム基盤型学習Team-Based Learningを導入しています。

実習では、スーパー総合周産期センター、総合周産期母子医療センター、地域周産期母子医療センター、助産院等の複数施設で、分娩介助を15例以上経験できるよう実習調整をしています。多くの学生は、熟練した助産師から細やかな指導を受けて、妊娠期・分娩期・産褥期・新生児期の助産や看護について学びを深めていきます。また、妊娠期~生後6か月までと出産直後~生後1歳までの2事例を継続して受け持たせていただき、地域で生活する母子とその家族に対する実習も行います。その他、有床診療所での実習、助産管理実習、ハイリスク新生児実習等、様々な臨床場面から高度助産実践だけでなく多職種連携や地域連携を学ぶことができます。

研究は、初年度は、看護学研究科のゼミに参加して他領域の学生とともに学ぶことができます。また、領域内では、2年間かけて少人数のゼミ形式で進めており、担当教員とグループメンバーとのディスカッションを通して、国内外の文献を精読し、研究計画を立案し、研究を遂行しています。

【研究コース】
看護学研究科のゼミに参加して他領域の大学院生と意見交換をしながら学ぶことができます。領域内では、2年間かけて担当教員による少人数もしくは個別のゼミ形式で進めています。各学生の臨床経験やフィールドを生かしながら国内外で主体的且つ発展的に研究活動を進めていくことが可能です。国内外の文献を精読し、よりエビデンスレベルの高い研究計画を立案し、研究を遂行しています。

各学生のキャリアプランやライフプランに応じて修学年数を選択して進めていくことが可能です。

大学院生が語る 私たちのカレッジライフ

本領域の”宝”であり”誇り”は、院生の皆さん、現場で活躍している卒業生、修了生の皆さんです。
現役の院生の皆さんに、本学を選んだ理由、普段のカレッジライフ、進学を考えている方へのメッセージを語ってもらいました。


2016年度入学 実践コース 山本 歩

私は大学卒業後、そのままストレートで大学院へ入学しました。本学を選ぶ決め手になったのは、何よりも2年間という時間の中、様々な実習によって実践能力が身に付けられるという点です。本学大学院の卒業生やオープンキャンパス等で実習等のお話を聞いていましたが、入学してみて実習環境の充実さを体感しました。分娩介助実習においては手厚い先生方のサポートの下、実習施設にて多くの事を学ばせていただき、その他にも継続した母子との関わりやNICUでの実習、助産所実習、病院や診療所での管理の視点からの学びなど机上では得られない、今後の助産観を支える多くの糧を手に入れることが出来ました。

そのような実習の他、学内では学生によるプレゼンテーションやディスカッションにより知識を増やしていきます。様々な視点から物事を考える力、自らの考えを言語化する力、そして相手に分かりやすく伝える力など簡単ではありませんが、この2年を通して確実にそれらの力を身に付け、成長することが出来ます!

そして本学大学院助産は、12人前後の仲間達と一緒にこの濃厚な2年間を駆け抜けていきます。多くの学びを共有し、苦しさも大変さも皆が居るからこそ、楽しさに繋げることが出来ました。様々な経験や考えを持った個性豊かな仲間達とともに、大きく成長出来る本学で助産師としての第1歩、歩み始めることが出来て良かったです!!


2016年度入学 実践コース 高橋 里沙

私は、看護学生の頃、助産院での見学実習をしたことがきっかけで助産師を志すようになりました。看護師として手術室と産科病棟で3年間勤務した後、本学の大学院に進学しました。本学を志望した理由は、分娩取り扱い件数が多くBFHの認定を受けている日本赤十字社医療センターを中心に実習ができ、分娩介助を15例経験出来ることも大きな魅力と感じたためです。
実際の大学院生活は、授業や演習、実習、修士論文など想像以上に忙しく何度もくじけそうになりましたが、同級生達と支え合いながら乗り切ることが出来ました。同級生達とは、年齢関係なくとても仲が良く、一生の友達そして助産師仲間として今後も付き合っていきたいと思っています。大学院での大きな特徴である修士論文の執筆では、臨床現場で働いていた時の疑問を明らかにすることができ、看護研究の重要性を実感しました。大学院生活の2年間は、助産学に関する知識を深めるとともに自己成長にも繋がる貴重な時間となりました。

本学には、温かく熱意のある先生方が多くいらっしゃり、助産学を学ぶための環境が整っているため充実した学生生活を送ることが出来ると思います。是非、本学に入学し、助産師の卵として一歩を踏み出してみて下さい!!


2015年度入学 実践コース 糸井 菜穂子

アメリカ生活の中で経験したホームレスの子ども達との関わりが私の看護師を目指すきっかけとなりました。6年間内科と外科の混合病棟で看護師として様々な患者さん達との関わりや医師や看護師、多職種との連携から多くの経験や学びを得ました。看護師として働きながら、自分が看護師を志した時のことを振り返り、女性の一生を様々な面から支えることができるように助産師としての知識・技術を身に着けたいと思い本学に進学しました。

この大学院を選んだ理由はここでしか経験の出来ない実習で分娩介助をした母子を継続して受け持つことで助産の基本や専門性に加え、より個別性にとんだ助産ケアを学ぶことができることに魅力を感じたためです。さらには、国際的な内容の授業も多く広い視野を持てると考えています。また、実習先として多くの出産ケースを持つ医療センターや様々な診療所、助産所での実習があり、多様なニーズを持つ妊産婦や家族を対象に学ぶことができると思っています。

4月に入学してから7月半ばまで前期の授業があり、大学院の授業は日々、助産の基本的な解剖・生理を学ぶだけでなく、助産師として必要な理論や法律、考えを日々プレゼンテーションや、グループワークを行ったりしながら学んできました。今は、分娩室と産褥病棟での実習を行っていますが、机上で学んだことを実際の現場での学びと結び付けながら学びを深めているところです。

くじけそうになることもありますが、一緒に学んでいる仲間や先生方、支えてくれている家族や友人、元同僚達がいるから頑張れます。


2014年度入学 実践コース 三浦 芙柚

私は元々助産師を志し本大学に入学後、そのままストレートで大学院に入学しました。他校も考えましたが信頼できる大学でお世話になった先生方がいること、2年間じっくり学べることから進学を決めました。勉強に必死の毎日ですが、ディスカッションや学生によるプレゼンテーションの授業はとても刺激的で考える力が求められます。大変でも授業が本当に面白いため頑張ることができました。また、楽しいことも辛いことも学生同士で共有し、優しい先生方が手厚くフォローしてくださいます。

大学院は敷居が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

間違いなく2年間学ぶ価値はあります!

院生・修了生の活躍

研究コース 修了生

重松 環奈

2014年度 研究コース 修了生
日本赤十字社医療センター 看護部教育企画室

看護大学卒業時は進学を考えもしませんでしたが、就職後5年、10年と経つうちに臨床経験の理論的裏付けが欲しいと思うようになりました。時間や学費が足かせとなり、なかなか一歩を踏み出せずにいましたが、上司から働きながらの進学を提案され決心しました。

働きながらの大学院生生活は大変でしたが、先生方、職場の上司、同僚、大学院の友人、家族など周囲の方々に支えられ、充実した毎日でした。理論的裏付けを得たことで、助産師として何をすべきか、迷うときには何をすればよいのか具体的に考えられるようになりました。また、多くの論文に触れることで看護研究への興味や意欲が増しました。

現在は看護部教育企画室に所属しています。大学院での経験は考える基盤を強固にし、乗り越えられるという自信を与えてくれたように思います。さらに、先生方とのつながりは今後の助産師活動を支える大きな財産となりました。

藤縄 真美子

2014年度 研究コース 修了生

私はウィメンズヘルスに興味を持っていたことや、看護師として婦人科等に勤務した経験から、臨床での疑問を追究し、視野を広げたいと考え、大学院へ進学しました。

研究コースでは、助産学や看護学の授業を通して、自らの研究テーマを洗練していくと同時に、物事の本質を捉えることを学び、学部の時とは異なる新たな視点や課題を得ました。

また、授業やカンボジア実習を通して国際的、多角的な視点を学びました。卒業後は臨床へ戻り、思春期~更年期等、女性のヘルスケアへの看護の実践及び向上に努めていきたいと考えています。

実践コース 修了生

岡本 小百合

2013年度 実践コース 修了生
葛飾赤十字産院

現在は、NICUと呼ばれる新生児集中治療室で助産師として働いています。

振り返ると、大学院に進んで本当に良かったです。

個人が感じた社会的課題を自らの設定でプレゼンをしたり、質的研究や実験研究等の研究方法を習得し、研究を通して社会に発信する方法を獲得しました。個人の気づきが調査やデータ、文献により論文として社会に発信できるプロセスを経たことが、今の自分の財産になっています。

様々なプロフェッショナルの協力を得ながら研究が進められるのも、大学院だからこそ。この先、大学教員・助産院・医療機関の管理者など、様々なキャリアステップを想定していますが、それができるのは、大学院でしっかり研究ができたから、そう思っています。

研究コース

  • Baby-Friendly Hospitalにおける母乳育児支援と母乳育児自己効力感に関する調査
    -ボンディング障害、抑うつを含めた産後1ヶ月までの縦断的研究-
  • 生殖年齢で未婚の婦人科がん患者の子宮全摘出に伴う心理過程
  • 継続保育室(GCU)や小児病棟から退院後4ヶ月までの子どもの母親が抱く医療的ケアについての思い
  • 産褥早期に母乳育児を困難に感じた母親の産後1か月までの体験-母乳のみで児を育てている母親に焦点を当てて-
  • 産後2~3か月の母親が授乳時のポジショニングを見出す体験

実践コース

  • 早期流産を体験した母親へのケアにおける熟練助産師の外来での体験
  • 緊急帝王切開術後早期に母乳育児を行った母親の体験
  • 就労妊婦が受けているソーシャル・サポート
  • 救命救急センターに勤務する看護師の妊産婦ケアに対する認識
  • 産後3~4ヶ月における核家族の母親の育児体験
  • 妊婦健診に同行する夫への助産外来助産師が行うケアの実際
  • 妊婦健診に行く母親に同行した幼児への助産所における助産師の関わり
  • 助産師外来において妊婦健康診査時に超音波断層法を用いる助産師が抱く思い
  • 周産期におけるドメスティック・バイオレンスの加害者と関わった助産師の体験
  • 北インドにおいて活動を継続してきた地域ヘルスボランティアの体験
  • 産後1ヶ月以内の妻子と共に産後ケア施設を宿泊利用した父親の体験
  • 死産に直面した両親と児の援助に戸惑う助産師の体験
  • 結婚後に女性が子どもを産み育てることに関する看護学生の考え
  • HIV陽性妊婦にかかわる助産師の体験
  • 母子異室制から母子同室制へ移行した病院で働く助産師の体験
  • 産後1か月までに母乳不足感を訴える母親への助産師の支援
  • 複数の助産師が勤務する助産所で行われている継続的なケアの工夫
  • 出産後に児の異常を告げられた母親に関わる助産師が抱いている思い
  • 胎児異常と診断され妊娠の中断を選択した女性に関わる助産師の思い
  • 20歳のやせ型女性のダイエットと妊娠に関する認識
  • 妊娠期に就業していた助産師の職場の人間関係に対する思い
  • 総合病院に勤める助産師がとらえた分娩期に出現する嘔吐とその対応
  • 母性看護学臨地実習において指導助産師が行う男子看護学生への指導の工夫
  • 緊急帝王切開となった女性の心理面に配慮した熟練助産師の関わり
  • 卒乳をめぐる児の反応と母親の体験
  • 助産師へ性教育の授業を依頼した養護教諭が助産師に求めること
  • 都内A病院における助産師が行うバースレビューの実態調査 実施の有無・実施方法・認識について
  • 開業助産師が捉える妊婦に“触れるケア”とその意味
  • 妻の妊娠における父親の胎児および新生児への認識と行動
  • 近世産育習俗に関する基礎的一考察
  • 予定帝王切開術に立ち会う夫の体験
  • 月経周期の異常を抱える18~20歳代前半の女性が産婦人科を受診するきっかけ
  • 立ち会い出産をめぐる助産院の助産師による夫への関わり
  • 娘のヒトパピローマウイルスワクチン接種に対する母親の思い
  • 20代病院勤務助産師の性役割観
  • マレーシア国ジョホール州K市におけるマレー系マレーシア人女性の妊娠・出産・産褥の体験
  • 在日外国人妊産褥婦に対する助産師の海外助産活動経験の活用