大学院

がん看護学領域

がん看護、緩和ケア領域における現象を掘り起し、臨床の知を探求します!

がん看護学では、がん患者さんや家族の支援においてもっとも重要な「当事者の視点」を大切にしています。当事者としての患者、家族、看護師の体験のリアリティに近づき、言語化されにくい様々な臨床の知を掘り起こすこと、それらに基づいた患者・家族支援の方法論、援助論を探究することを目指しています。経験の成り立ち、現象そのものの成り立ちや意味をいかに探求するかという視座から、現象を分析、意味関連の構造を紐解くことで、現象の新たな一面が見えてくる、そんな丁寧なアプローチを大切にしています。


研究コースでは、がん看護だけではなく、緩和ケア、エンド・オブ・ㇻイフケアについて学びたい方をお待ちしています。もちろん、がん看護CNSを目指す方のコースも充実しています。そして、なによりも研究コースとがん看護CNSコースの院生が、共にこれまでの臨床経験について意見交換し、自分の考え方や実践を振り返ることが大切な学びの場となっています。

研究指導教員

学位論文テーマ


博士論文テーマ
経口化学療法を受ける再発、転移性乳がん患者の療養体験
外来で治療を受ける進行再発大腸がん患者の語りを通した療養体験


修士論文テーマ
がんの再発・転移のある壮年期女性患者の母親が抱く思い
一人暮らしの終末期がん患者の在宅療養に携わる訪問看護師の実践
外来化学療法室に勤務する看護師の看護援助の体験
抗がん剤治療を継続する進行期肺がん患者の体験
外来治療を受けながら生活する転移のある高齢前立腺がん患者の体験
積極的治療を終了し在宅での療養に移行したがん患者の体験
急性白血病に罹患し化学療法を受ける患者にとっての動くことの体験
骨転移をきたして生活する乳がん患者の体験