大学院

看護教育学領域

医療現場の具体的な状況をふまえて、看護実践の能力を高める人材育成の方法を検討

修士課程・博士後期課程共に、“看護教育学”を専門領域として有している大学院は、日本では数少ないですが、本学では看護教育学を専門とする教員と共に学び、探究していくことができます。


看護教育学では、看護のおかれている医療現場の具体的な状況をふまえて看護実践の能力を高めるような人材育成の内容や方法を幅広い視点から、検討していきます。誰が、誰に、どのような目的で、何を(教育内容)教えるのか、そのためにはどのような制度・組織・機能が望ましいのか等について、看護学と教育学の理論に基づいて学習します。また、継続教育を生涯学習体系の中に明確に位置づけ、看護の専門性とキャリア開発の視点から探究します。


研究は学生の興味・関心を尊重し、看護基礎教育および看護継続教育の看護教育学全般における実践の場で生じている教育現象にみる課題の探究を、量的・質的な手法を用いて取り組めるよう支援しています。

看護学の教育・実践に対する課題解決にチャレンジしようとする意欲のある方をお待ちしています。


また、「実践コース」として、「看護教員キャリア支援コース」、「現任教育担当者キャリア支援コース」があります。「看護教員キャリア支援コース」では、高度な理論と実践力を兼ね備え、リーダーシップを発揮できるような看護教員の育成をめざすものです。厚生労働省の「専任教員養成講習会」、「教務主任養成講習会」の認定を受けており、指定された科目を履修することによって、いずれかの資格が取得できます。「現任教育担当者キャリア支援コース」では、看護教育学と看護管理学を融合した高度な理論と実践力を兼ね備えた現任教育担当者の育成をめざすものです。

研究指導教員

佐々木 幾美

西田 朋子

西田 朋子

准教授

学位論文テーマ


博士論文テーマ
看護学実習における大学教員の「問いかけ」により展開される学生との対話の様相
医療現場における新卒看護師の支援-ピア・グループの実践を通して-
ICUにおける熟練看護師の看護実践の様相-心臓外科専門病院の術後患者への対応場面に焦点をあてて-
「反省的看護実践」の基礎的理論に関する研究-Schön理論に依拠して-
看護職者の「セクシュアリティに対する態度」に関する研究
看護学実習における「評価」試論


修士論文テーマ
病院附帯の3年課程看護専門学校のトップマネジャーによる看護教員育成の現状と取り組み
看護学実習においてティーチング・アシスタントをした大学院生の体験
キャリアの方向性に迷い悩み続ける中堅看護師の体験
看護専門学校で働く看護教員の大学院修士課程修了による資質・能力の変化の自己評価とその関連要因
実習期間中に受け持ち患者が亡くなる体験をした看護学生に対する臨地実習指導者のかかわり
臨地実習においてベテラン教員が行う病棟指導者との調整
担当領域の変更を経験しながら教員を続けている看護専門学校教員の思い
看護系大学の実習指導におけるベテラン教員の学生の捉え方
准看護師教育の現状に対して准看護師養成所の教務主任が抱いている思い
看護専門学校に勤務する、教員経験6~10年の看護教員の教師会議に対する思いの変化
看護系大学院修士課程修了後看護専門学校から看護系大学へ移動した教員の思い
実習カンファレンスにおける教員のかかわり