大学院

国際保健助産学専攻

助産を通した国際貢献を目指すとともに、女性の健康と安全を保証する科学的かつ倫理的なエビデンスと技能を創出します。

本領域では、グローバルな視点から助産を通した国際貢献を目指すとともに、女性の健康と安全を保証する科学的かつ倫理的なエビデンスと技能を創出します。

昨今の保健・医療・福祉領域では、実践および教育、管理のできる高度な国際的専門職業人が求められており、本学では社会のニーズに応じた高度実践力かつ国際的な視野を持つ助産師を育成するために、2007年より修士課程において国際保健助産学専攻を設置しています。


本領域では、国際人道法のもとに赤十字活動を学び、グローバルスタンダードに基づいた助産やウイメンズヘルスの理論と実践について修得できるよう支援します。また、助産の諸現象や、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、女性の健康支援に関する最新かつ適切なエビデンスを活用しながら、専門家として自律して活動・恊働できる能力を育成します。さらに、研究活動、実習や教育の実践を通して、先進的かつ批判的な観点から助産ケアの質向上に貢献できる能力を開発します。

研究コースと実践コース

高度な国際的専門職業人が社会で効果的に助産活動を展開していくためには、多様な資質を持つ助産師の人材育成が必要です。本領域では【研究コース】と【実践コース】があり、入学時に学生がどちらかのコースを選択します。

【研究コース】

世界の情勢を見つめ研究的視点をもって指導的立場で自律的に活動できる人材を育成します。

【実践コース】

助産ケアを必要とする人々の生活に直接関わって支援していく人材を育成します。実践コースでは、所定の単位を修めると助産師国家試験の受験資格を得られます。


両コースともに、在学中に所定の授業の単位修得や特別講習会へ参加することで、以下の資格や証明書を取得・発行することができます。

  • NCPR新生児蘇生法専門コース(A)
  • 国際認定ラクテーション・コンサルタント資格取得・継続に必要な継続教育単位証明CERPs
  • 受胎調節実地指導員
研究指導教員

井村 真澄

井村 真澄

教授

喜多 里己

喜多 里己

准教授

新田 真弓

新田 真弓

准教授

齋藤 英子

齋藤 英子

准教授

学位論文テーマ


研究コース
Baby-Friendly Hospitalにおける母乳育児支援と母乳育児自己効力感に関する調査
-ボンディング障害、抑うつを含めた産後1ヶ月までの縦断的研究-
生殖年齢で未婚の婦人科がん患者の子宮全摘出に伴う心理過程
継続保育室(GCU)や小児病棟から退院後4ヶ月までの子どもの母親が抱く医療的ケアについての思い
産褥早期に母乳育児を困難に感じた母親の産後1か月までの体験-母乳のみで児を育てている母親に焦点を当てて-
産後2~3か月の母親が授乳時のポジショニングを見出す体験


実践コース
早期流産を体験した母親へのケアにおける熟練助産師の外来での体験
緊急帝王切開術後早期に母乳育児を行った母親の体験
就労妊婦が受けているソーシャル・サポート
救命救急センターに勤務する看護師の妊産婦ケアに対する認識
産後3~4ヶ月における核家族の母親の育児体験
妊婦健診に同行する夫への助産外来助産師が行うケアの実際
妊婦健診に行く母親に同行した幼児への助産所における助産師の関わり
助産師外来において妊婦健康診査時に超音波断層法を用いる助産師が抱く思い
周産期におけるドメスティック・バイオレンスの加害者と関わった助産師の体験
北インドにおいて活動を継続してきた地域ヘルスボランティアの体験
産後1ヶ月以内の妻子と共に産後ケア施設を宿泊利用した父親の体験
死産に直面した両親と児の援助に戸惑う助産師の体験
結婚後に女性が子どもを産み育てることに関する看護学生の考え
HIV陽性妊婦にかかわる助産師の体験
母子異室制から母子同室制へ移行した病院で働く助産師の体験
産後1か月までに母乳不足感を訴える母親への助産師の支援
複数の助産師が勤務する助産所で行われている継続的なケアの工夫
出産後に児の異常を告げられた母親に関わる助産師が抱いている思い
胎児異常と診断され妊娠の中断を選択した女性に関わる助産師の思い
20歳のやせ型女性のダイエットと妊娠に関する認識
妊娠期に就業していた助産師の職場の人間関係に対する思い
総合病院に勤める助産師がとらえた分娩期に出現する嘔吐とその対応
母性看護学臨地実習において指導助産師が行う男子看護学生への指導の工夫
緊急帝王切開となった女性の心理面に配慮した熟練助産師の関わり
卒乳をめぐる児の反応と母親の体験
助産師へ性教育の授業を依頼した養護教諭が助産師に求めること
都内A病院における助産師が行うバースレビューの実態調査 実施の有無・実施方法・認識について
開業助産師が捉える妊婦に“触れるケア”とその意味
妻の妊娠における父親の胎児および新生児への認識と行動
近世産育習俗に関する基礎的一考察
予定帝王切開術に立ち会う夫の体験
月経周期の異常を抱える18~20歳代前半の女性が産婦人科を受診するきっかけ
立ち会い出産をめぐる助産院の助産師による夫への関わり
娘のヒトパピローマウイルスワクチン接種に対する母親の思い
20代病院勤務助産師の性役割観
マレーシア国ジョホール州K市におけるマレー系マレーシア人女性の妊娠・出産・産褥の体験
在日外国人妊産褥婦に対する助産師の海外助産活動経験の活用