Education, Research, and Support

学部

日本赤十字看護大学でつくる未来へのキャリアプラン

日本赤十字看護大学は、学部教育から大学院修士課程・博士後期課程を通じて、看護専門職へのあなたの輝く未来を力強くアシストします。

看護学部から看護師・保健師、大学院進学へ

日本赤十字看護大学での4年間(3年次編入学は2年間)の学びのあと、毎年多くの看護師・保健師が本学から巣立ち、国家資格を得て、さまざまな現場で活躍しています。

日本赤十字看護大学を卒業後、すぐに日本赤十字看護大学大学院看護学専攻、国際保健助産学専攻への進学も可能です(ただし領域・コースによって制限あり)。あなたの学習ニーズに応じて柔軟に進路選択できる、豊かな教育環境が整っています。

保健師

保健師は、社会を見つめ、人々の力を活かし、システムづくりとネットワーク化によって、人々が健康で安全な生活を送れるための活動を行う専門職です。地域に暮らす人々、学校に通う子どもたち、働く人々を対象に、個別相談から集団教育まで幅広い方法を用いて人々の健康と生活の向上を目指しています。高齢化、孤立化、ストレス、社会格差、災害、感染症などさまざまな課題が増えている現代社会において、果たすべき役割は重要です。

看護師・保健師・助産師経験を経て大学院進学へ

看護専門職の専門性や研究能力をより高めたい方のために、日本赤十字看護大学大学院修士課程には2専攻(看護学専攻、国際保健助産学専攻)を設置しています。修士号をもつ数多くの看護学研究者や専門看護師、認定看護管理者、助産師を育成しています。


修士課程終了後、さらに学識を培い、看護学研究者として自立したい場合にも、博士後期課程が設置されているため安心です。毎年5名程度の博士号取得者が誕生しています。

災害看護のスペシャリストを目指すなら、本学の共同災害看護学専攻がお勧めです。5年一貫制博士課程の特色あるカリキュラムで、国際的に活躍できる災害看護のグローバルリーダーを育成します。

助産師

助産師は、女性が健康で元気な赤ちゃんを産むことができるようサポートし、出産の時は側に寄り添ってお産を助け、育児中の女性が不安や心配がなく、スムーズに育児ができるように支援する専門職です。また、妊娠・出産・育児の時期だけでなく、女性の生涯にわたる性と生殖に関する領域において、健康相談や教育啓発活動も行います。幼児や小学生・中学生・高校生を対象にした生教育(命の教育)・性教育や更年期の女性の保健相談などもその一例です。少子化時代における次世代育成と家族支援、これからの社会を担う女性と家族の生涯の健康を支える発展性のある専門職です。

高度実践看護師

高度実践看護師教育課程は、専門看護師(CNS)とナースプラクティショナー(NP)で構成されており、本学では専門看護師教育課程を開設しています。専門看護師は、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた看護師のことです。教育課程をもつ大学院修士課程を修了し、実務経験5年以上のうち3年以上は特定分野の経験があることが必要です。

看護学部ってどんなところ?メッセージはこちら

小池 夏海 さん

小池 夏海 さん

視野が広がるディスカッション

1年男子

1年男子

辛い時期にも友人をリスペクトし、助け合う精神は将来的に医療現場に生きる

2年男子

2年男子

「男性看護師は必要なのか?」入学前から持っていた疑問

池田 実央 さん

池田 実央 さん

広がる可能性

面川 由佳 さん

面川 由佳 さん

学習していくうちに繋がりあう知識と知識